事務職に必要なスキル・資格をチェック

事務・総務・企画に必要なスキルって?

事務職の求人を見ていると、「未経験者歓迎!」の文字をよく見かけます。

必ず持っていなければならない資格もあまりないイメージですよね。

そのため、転職先に事務職を選ぶ方も多いでしょう。

だからといって、事務職は誰にでもできるお仕事というわけではありません。

そこで、今回は事務職に必要なスキルや持っていると有利な資格を解説します。

 

事務職に向いてる?スキルをチェックしよう

事務職の適性チェック

まずは、事務職のお仕事に向いているかどうかチェックしましょう。

毎日の事務作業がストレスにならない性格かどうか、また事務職として社会に貢献できるスキルを持っているかどうか、きちんと認識しておくことが大切です。

デスクワークが苦にならない

事務職のお仕事は、基本的には社内でのデスクワークです。

1日中座って仕事をすることにストレスを感じない人が事務職に向いていると言えるでしょう。

サポート業務にやりがいを感じる

事務職は、誰かを支えるサポートとしてのお仕事が多いものです。

数字として目に見える成果がないため、「やってやった!」という達成感はあまり味わえません。

その上、事務職のお仕事は「できて当たり前」「やって当たり前」という認識をされていることも多く、いくらやっても評価されないという悲しい事態に陥りがちです。

しかし、裏を返せば、企業を支える「なくてはならない存在」ということになります。

そこにやりがいを持てるかどうかが、事務職で働く人材としての判断基準になるでしょう。

表舞台に立つことよりも、影であれこれとサポートすることがすきな方にはぴったりのお仕事です。

細かいことにも気づける注意力

書類の作成・チェックなど、数字や文章を確認することが多いお仕事です。

毎日似たような書類を目にすることになりますが、そのひとつひとつを注意深くチェックする力が必要です。

単純作業が苦にならないことと集中力を持続させるスキルが不可欠と言えるでしょう。

細かいところまで確認し、間違っている部分があればしっかりと指摘することで、スムーズに仕事を進めることができます。

正確でありながらスピード感のある仕事ができる

事務職のお仕事は正確性が第一です。

書類に不備がないか、入力したデータに間違いがないかなど、細かいチェックが欠かせません。

その上、複数の業務が同時に降りかかってくることも多く、スピード感のある対処が求められます。

正確性を大切にするとスピードが、スピードを大切にすると正確性が失われてしまうようではいけません。

正確性とスピード感を両立させるスキルが必要です。

コミュニケーション能力

デスクワークの印象が強い事務職ですが、来客・電話応対などで外部の人と関わることが意外に多いんです。

それだけでなく、社内にいる社員さんたちとも連携をとっていかなければならない場面がたくさんあります。

そのため、ある程度のコミュニケーション能力は必要ということを覚えておきましょう。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

事務職の基本!パソコン(PC)スキルはどのくらい?

事務職に必要なパソコン(PC)スキルって?

事務職において必ずと言っていいほど求められるパソコンのスキル

実際、どのくらいのスキルが必要なのでしょう。

持っておけば有利な資格もあわせてご紹介します。

「基本の操作」ってどのくらい?

事務職のお仕事は主にパソコンでの入力作業です。

そのため、求人情報サイトでも「基本的なパソコン操作ができる方」というような記述が目につきますね。

求められるレベルは企業によって様々ですが、パソコンへの拒否感がないことが前提条件になります。

特に前職での経験などを問わない場合が多く、タイピングができればあとのことは仕事のなかで教えるというパターンも少なくありません。

代表的な基準としては「ある程度ワードとエクセルは使えること」などです。

持っておくと有利!?活かせる資格

事務職で働く時に持っておくと有利な資格

即戦力を求められる転職の場合、いくら「未経験者歓迎」といっても、なにかしらの経験や資格を持っている人の方が優遇されがちです。

事務職への転職を決めたなら、持っておくと有利な資格にも挑戦してみましょう。

MOS

MOSは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略で、ワードやエクセルなどのソフトのスキルを身につけるための資格です。

事務職とそれらのソフトは切っても切れない関係です。

この資格の勉強をすれば、ソフトの基本的な操作方法はもちろん、業務を効率的に行うヒントをたくさん得ることができます。

面接でMOSを持っていることをアピールすれば、「パソコン操作はお手の物なんだな!」という印象を持ってもらえます。

簿記

簿記は、経営や経理のしくみを理解するための資格です。

日々の経営や財政についての知識や、計算・分析する能力を得ることができます。

特に、経理・経理事務は、「簿記2級を取得していること」を採用基準としている企業が多く見られます。

また、規模の小さい企業などでは「一般事務」でも経理的な仕事を担わなければならないこともあります。

そのような場合でも、ある程度の知識を持っていれば安心ですね。

資格を持っておくことで、企業のなかで貴重な人材になることもできますよ。

秘書技能検定

秘書技能検定では、秘書業務だけでなく、ビジネスマナー全般を問われます。

そのため、社会人として働く上で役立つスキルが自然と身につきます。

この資格を持っていることを採用の条件とすることはあまりありませんが、ビジネスに対するスキルの高さをアピールするためには最適です。

いくつあてはまった?事務職に必要なスキル

事務職をする上で必要なスキル

事務職は「未経験者歓迎」で募集されることの多い、転職先としても人気のお仕事です。

それだけ人が殺到しやすく、本当に「未経験」のまま飛び込むのは難しい場合があります。

まずは自分が事務職として必要なスキルを持っているかどうかチェックしましょう。

また、事務職でのキャリアアップを目指すなら、資格を持っていると有利に働く場合がありますので、勉強を始めてみるのもよいですね。

自分のキャリアプランを見つめなおし、スキルを磨きましょう!

 

▼やっぱり事務職は魅力的…?

非常に人気が高く、転職が難しいとされている事務職。

あくまで事務職にこだわるか、他のお仕事を探してみるか、迷ってしまいますよね。

そんなお悩みも「しごと計画学校」で解決!あなたのスキルを活かせるお仕事を一緒に探します♪

まずはお気軽に【個別相談】にお越しください!

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼転職についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら