必須条件を満たしていない時の転職ポイント

【転職疑問】必須条件を満たしていないけど、応募してもいい?

やってみたいお仕事を見つけた!

でも、募集要項に書かれた必須条件を満たしていない…。

そんな時、応募してもいいの?

今回は、転職活動の際に気になる必須条件と応募について考えます。

 

必須条件を満たしていなくても、応募していい?

必須条件を満たしていない時の転職ポイント

結論からお伝えすると、応募すること自体は問題ありません

つまり、必須条件を満たしていない場合でも採用される可能性があるということです。

「必須条件と言うくらいだから、最低限クリアしていないとダメなんじゃないの?」と思いますよね。

まずは、必須条件に隠された企業の本音からチェックしてみましょう。

必須条件クリアは理想の姿

まず、必須条件と言いながら重要度がそれほど高くない企業が多いことを知っておきましょう。

「もちろんすべての条件を満たしているのが理想だけれど、多少足りなくても構わないよ!」というスタンスのところがほとんどです。

そうでなくても、「提示した条件も満たしていないのに応募してくるなんて非常識だ!」と怒られるようなことはほぼありません。

そのため、満たしていない条件があっても、深く考えすぎずとりあえず応募してみるとよいでしょう。

条件クリアより重要なことがある

もちろん必須条件ですから、満たしていない人は書類選考の時点でお断りというケースもあるでしょう。

ただし、企業によってはそれ以上に光るものがあったら採用しようと考えていることもあります。

 

例えば、「人柄」

面接をしていくなかで、「一緒に働きたい」と思ってもらえたら、多少条件を満たしていなくても採用になることがあります。

足りないスキルは働きながらでも補えるものですからね。

 

そして転職組ならではの武器、「前職での経験」

直接これからの仕事に関係なくても、「前職でこれだけの成果をあげているなら期待できそう」という好印象を与えることはできます。

さらに、前職で培ったスキルをどう応用できるかをアピールできればよりよいでしょう。

 

長期的なブランクがある専業主婦からの再就職でも、「主婦ならではの視点」を武器にできる場合もあります。

仕事現場から離れていたからこそ気づいたことがあるはずです。

それを活かして事業に貢献できることをアピールしましょう。

ふるいにかけるための条件設定

企業によっては、あえて難しい条件を設定していることもあります。

例えば、「本当は未経験OKだけどあえてそのことは明記せず、誰でもできそうなイメージをつけない」というもの。

そうすることで応募者をふるいにかけ、より働く意欲の高い方を採用したいという思惑があります。

そうした場合、条件そのものには大きなこだわりがないことが多いのです。

とはいえ、募集要項の時点で見極めるのは非常に難しいため、気になるお仕事であればとりあえず応募してみるとよいでしょう。

状況次第で変動あり

求人広告やHPに掲載されている募集要項は、今現在の企業の希望が100%反映されているものばかりではありません。

「必須条件をいくつか提示したものの、思うように人が集まらない…

そのような状況に陥っている企業もあります。

そのため、タイミングによっては「必須条件にしていたけど、この際満たしていなくてもいいや」という気持ちになっている場合があるのです。

社会情勢によって、人の流れは変わります。

募集要項をこまめに更新している企業ばかりではないので、厳密にすべての条件を満たしていなくても挑戦する価値はありそうです。

しごと計画学校

効果的なアピール方法とは

効果的なアピール方法とは

そうは言っても、他の応募者と同じ立場で挑戦できるわけではありません。

企業が提示する必須条件を満たしていないということで、基本的にはマイナススタートになっていることを念頭に置いておきましょう。

そのマイナスを乗り越えるためには、通常の面接と同じ内容ではいけません。

ここからは、条件を満たしていないからこそ気をつけたいこととアピールのコツをお伝えします。

気にしすぎない

まず大切なのは、条件を満たしていないのを気にしすぎないことです。

あまり強調しすぎると必要以上に注目されてしまい、採用へのハードルが上がってしまいます。

もちろん、嘘をついたりあたかも条件を満たしているかのように振る舞うのはNG。

かといって、自分を卑下しすぎる必要もありません。

事実は事実として認めつつ、他の部分で勝負できる強さをアピールしましょう。

成果・能力を具体的に伝える

先程も触れたように、これからのお仕事に関連があってもなくても、前職での経験は採用の判断材料になり得ます

特に前職とまったく違う業界に挑戦する際には、伝え方に工夫が必要です。

自分の仕事によってどのような変化があったか、どれほどの成果があったかを具体的に伝えるのがポイント。

「売り上げが〇〇%上がった」など、数字を用いて説明できるとなおよいでしょう。

転職エージェントに相談してみる

「どうにもうまくアピールできそうにない…」という場合は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

転職エージェントは企業側の事情も分かっているので、必須条件として掲げたものをどのくらい重要視しているか事前に知ることができます。

企業にとって一番大切なことがわかれば、効果的なアプローチ方法も自ずと見えてきますよね。

転職成功のためには、あなた自身の思いはもちろん、経験や能力をエージェントがしっかり理解していることが肝心です。

まずは転職エージェントとの面談を通して、あなた自身のことを言葉で伝えてみましょう

それ自体も面接対策になって一石二鳥です。

直接企業にアピールするのが苦手な方は、事前にエージェントに伝えてもらったり、面接に同行してもらえるサービスを利用してもよいかもしれません。

転職エージェントによって受けられるサービスは様々なので、苦手な部分をサポートしてもらえそうなところを探してみましょう。

 

▼「しごと計画学校」では、職場見学や面接への同行も行っています!

ご相談はこちらから!

条件を満たしていない時の注意点

必須条件を満たしていない場合の注意点

採用される可能性があるとはいえ、応募には注意が必要です。

意識の片隅に置いておくようにしましょう。

条件からかけ離れている場合

例えば、取得するのに何年もかかるような資格を持っていることが必須条件の場合、丸腰で挑むのは難しいものがあります。

企業によっては資格取得支援の体制が整っていて、働きながら取得が目指せる場合もありますが、注意が必要です。

当たってみるのもよいですが、緊急性の高い募集であれば望み薄かもしれません。

条件を満たしている人よりは不利

その募集に対してたくさんの応募があった場合、他の応募者と比較されることになります。

企業が提示した条件を満たしている応募者がいるなら、当然不利になります。

面接でどれだけ好感触でも、条件を満たしていないことを理由に最後の最後で不採用になってしまうことも。

その点は、応募の段階で覚悟しておきましょう。

意欲アピールだけでは難しい

特に30代以降の転職の場合、基本的には即戦力になれるかどうかがカギとなります。

そのため、働く意欲だけで勝負するのはただでさえ難しいものです。

意欲がプラスの評価になることはもちろんありますが、基本的にはこれまでの職歴や能力が重視されます。

はじめから意欲でカバーしようとするのではなく、まずはこれまでの経験の棚卸から始めるのがよさそうです。

戦い方を工夫しよう

メモをとる女性

必須条件として示されていると、どうしても気になるものです。

しかし、それが企業にとって最重要事項かどうかは応募してみないとわかりません。

条件を満たしていないことを気にしすぎず、自信を持って臨むことが大切です。

企業が理想とする経験や資格がなくても、「一緒に働きたい!」と思わせることができれば、転職成功がぐっと近づきます。

興味を持ってもらえそうな経験や、業界が違ってもわかってもらえそうな成果を具体的に伝えることを心がけましょう。

 

▼働き方に迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼転職・再就職サポート!セミナーはこちらから♪

 

▼転職準備が不安な方は、こちらもチェック!

しごと計画学校

▼しごと計画学校のTwitterはこちら