医療福祉介護のお仕事とは

医療・福祉・介護しごと一覧

少子高齢化がすすむ現代、注目されているのが医療・福祉・介護のお仕事です。

これから先、どんどん必要とされていく医療・福祉・介護業界のお仕事に、興味はありませんか?

なかには未経験からスタートできるものもありますが、専門性が高く、たくさんの知識が必要なお仕事がほとんどです。

今回は、医療・福祉・介護のお仕事を知り、挑戦できるかどうかしっかり考えてみましょう。

 

医療・福祉・介護の仕事一覧

医療・福祉・介護の仕事とは、必要な資格も解説

看護師・准看護師

主な仕事内容

  • 医師の診察・診療補助(血圧測定、点滴、注射など)
  • 患者・患者家族の心身ケア

特徴

看護師・准看護師の基本的な仕事内容は、「医師の診察・診療補助」と、「患者・患者家族の心身ケア」です。

具体的にどんな仕事をするかは、勤務先によって大きく異なります。

看護師・准看護師の勤務先の代表的なところは、以下の通りです。

  • 病院
  • 老人ホーム
  • 訪問看護ステーション
  • 保育園
  • 企業

勤務先だけでなく、配属先によっても業務が大きく分かれます。

同じ「病院」の看護師であっても、「外来看護師」であれば、病院を訪れた方への対応、「病棟看護師」であれば、病院に入院されている方への対応が仕事となります。

そのため、よく調べておかないと、「思っていた仕事と違った…」ということにもなりかねません。

「こうなりたい!」という看護師のイメージが決まっているなら、仕事内容や配属先について事前に詳しく聞いておくとよいでしょう。

必要な資格・スキル

看護師は国家資格、准看護師は都道府県による資格が必要です。

准看護師の方が比較的短期間で資格を取得することができますが、「自分の判断で看護を提供する」ことはできない立場になります。

また、看護師・准看護師の業務には、日々変化する状況のなかで臨機応変に対応するスキルが必要です。

常に冷静に周りを見て、小さな変化にも気付けるように心がけましょう。

資格なしでも働ける?

資格なしで働ける看護のお仕事として、看護助手があります。

資格を持つ看護師のサポートが主な業務です。

注射や採血など資格が必要な医療行為はできませんが、看護の現場を間近に感じられるお仕事です。

「看護の仕事に興味はあるけど、今から資格をとるのは難しいな…」という方は、看護助手のお仕事を検討してみてもよいでしょう。

医療事務

主な仕事内容

  • 受付(診療申込書記入指示、診察券発行、カルテ作成等)
  • 会計
  • 医師・看護師の業務補助(電話対応、入院時説明、レントゲン準備等)
  • レセプト(診療報酬明細書)作成・提出

特徴

事務という名前ですが、一般的な事務職のようにパソコンに向かって書類作成をする仕事ばかりではありません。

病院などの窓口として患者と接する受付・会計業務や、診察の準備などの医師・看護師のサポート業務もあるため、コミュニケーション能力はもちろん、医療関連の知識を求められる場面が多いという特徴があります。

そのため、単に「事務職のひとつ」と思っているとギャップを感じる場面がたくさんあるでしょう。

必要な資格・スキル

医療事務になるために必須の資格はありません

ただ、パソコンを用いた事務的な作業が問題ないレベルである、また医療関連の専門的な知識を持っている方がスムーズに仕事を進めることができます。

キャリアアップのための資格や検定がいくつかあり、持っていることで転職に有利になることもあるので、挑戦してみるのもよいでしょう。

介護福祉士

介護福祉士の仕事とは

主な仕事内容

  • 身体介助(食事、入浴、排せつ、歩行など)
  • 生活援助(掃除、洗濯、片付けなど家事全般)
  • その他介護職員の指導

特徴

高齢者や障害のある方など、介護が必要な方たちへのサポートが主なお仕事です。

介護業務は、要介護者の身体に触れる「身体介助」と、家事全般の手助けを行う「生活援助」の2つに大きく分けられます。

働く場所についても、老人ホームなどの施設か、各ご家庭への訪問か、という区分があるのが特徴です。

施設であれば、規模や入所者の介護レベルによって担当業務が大きく異なります。

また、訪問介護の場合は、ご家庭ごとの決まりや注意点があるので、要介護者やそのご家族に不快な思いをさせないよう、より一層の注意が必要です。

必要な資格・スキル

介護福祉士を名乗るには、同名の国家資格が必要です。

高度な知識・経験を有する立場として、他の介護職員や要介護者のご家族などに助言をすることも仕事のひとつとなります。

業務上、ケアマネジャーなど他の職員との関わりも多いため、小さな変化もきちんと共有し、常に連携をとれるような環境作りが大切です。

また、決められたケアプランに沿った介護業務をこなすだけでなく、その人らしい生活を送れるような気遣いや工夫が求められます。

資格なしでも働ける?

高齢化に伴って介護需要が高まっていることも影響し、資格や経験がなくても挑戦できる求人も多く出ています。

施設などによっては、介護助手という名称で募集しているところもあるようです。

資格がないとできない仕事の代表として、訪問介護の場合の「身体介助」があります。介護施設内では可能とされていますが、施設によっては禁止にしているところもあるので注意しましょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

主な仕事内容

  • ケアプラン作成・調整
  • 要介護認定業務
  • 給付管理業務

特徴

ケアマネジャーの主な仕事は要介護者それぞれに合ったケアプランの作成です。

ケアプランは介護サービスを受ける際に必要なもので、ケアマネジャー以外変更することはできません。

要介護者それぞれが抱える問題を分析し、どうすれば日常生活を送る支援ができるか考え、調整していく力が必要です。

他にも、要介護認定業務を行うこともあります。その際は、申請者の自宅に行って、心身の状態や生活環境などを観察し、資料にまとめます。

ケアマネジャーの訪問調査と、かかりつけ医の意見書が、要介護認定の判断基準になるため、非常に重要な役割です。

必要な資格・スキル

ケアマネジャーとして働くには、「介護支援専門員」の資格が必要です。

都道府県ごとに内容が異なるため、注意しましょう。

要介護者をよく見て、それぞれにあったケアプランを組み立てられる幅広い介護知識と柔軟さが必要です。

管理栄養士・栄養士

管理栄養士、栄養士の仕事とは

主な仕事内容

  • 食事・栄養に関するアドバイス(病院・学校など)
  • 学校給食の献立作りなど、食事の管理

特徴

管理栄養士と栄養士は、担当できる仕事の範囲は異なりますが、「食事・栄養のプロ」としての指導業務がメインとなります。

働く場所は病院や学校、介護施設やスポーツ施設など様々です。

対象者に合った献立を考えたり、その調理方法の指導・改善指示なども行います。

必要な資格・スキル

管理栄養士は国家資格が必要なお仕事です。

そのため、病院などで行う患者向けの高度な栄養管理・指導は、管理栄養士にしかできない場合もあります。

一方、栄養士は、試験を受けて取得するものではなく、指定の学校を卒業することによって得られる免許が必要となります。

歯科衛生士

主な仕事内容

  • 歯科医師の診療補助
  • 歯・口腔の疾患予防・改善のための医療行為(歯垢・歯石の取り除きなど)

特徴

歯科衛生士は、主に医療機関で歯科医師のサポートをするのが主なお仕事です。

基本的には歯科医師の指示に従って仕事を進めていきます。

虫歯予防のための処置などの医療行為も仕事のうちなので、患者それぞれに対して大きな責任が伴います。

必要な資格・スキル

歯科衛生士として働くには国家資格が必要です。

患者の口のなかに対する医療行為も行うため、慎重な作業が求められます。

治療を受けている間の患者に寄り添う気遣いや、歯科医師と的確な連携をとるためのコミュニケーション能力も必要です。

資格なしでも働ける?

資格なしでも働けるお仕事に、歯科助手があります。

受付や会計などの窓口業務に加え、治療で使用する器具の準備や片付けなど歯科医師・歯科衛生士のサポート業務が主なお仕事です。

歯科医師・歯科衛生士のサポート業務は、専門用語や器具の名前などある程度の知識が必要なため、未経験から始める場合は大変かもしれません。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

その能力、他のお仕事でも活かせます!

医療・福祉・介護のお仕事を目指す方におすすめ!

医療・福祉・介護のお仕事をいくつかご紹介しました。

専門性が高く、働くには国家資格が必要なお仕事がたくさんありましたね。

「憧れのお仕事に挑戦してみたい!」という方は、さっそく医療・福祉・介護のお仕事を探してみましょう。

「やっぱり他のお仕事も見ておこうかな…」という方のために、能力を活かせるお仕事とおすすめポイントをご紹介します。

まずは色々な業界のことを知っておくことが、あなたに合ったお仕事と出会う近道です。

事務・総務・企画のお仕事

事務職は医療事務とセットで検討!

医療事務として働くことを視野に入れているのであれば、一般事務・営業事務などの事務職のお仕事はセットで検討しておくとよいでしょう。

医療事務の方が一般的な事務職に比べると給与が高い傾向にありますが、その分専門的な知識が必要な場面がたくさんあります。

同じ「未経験OK」の求人でも、求められるレベルについていけないという事態も考えられます。

医療事務を転職先に選んだ理由が「医療系のお仕事をやってみたい」なのか、「事務のお仕事をしたい」なのかを分析し、幅広く情報収集をするのが成功のカギとなるでしょう。

気遣いを活かしてスムーズに!受付・コールセンター

医療・福祉・介護のお仕事は、患者や一緒に働く医師などへの気遣いが大切です。

特に、患者と密接に関わる仕事であれば、日々の様子から小さな変化に気付けるかどうかが重要視されます。

周りをよく見て、手を差し伸べることができるあなたには、受付やコールセンターのお仕事も向いているかもしれません。

特別な資格が必要なく、誰にでもできるようなイメージがありますが、実は相手の立場に立って一緒に考える力が求められるお仕事。

お客様とサービスをつなぐ受付業務やお困りごとを一緒に解決するコールセンターには、お客様を癒すホスピタリティが必要なのです。

販売・接客のお仕事

販売・接客のお仕事

お客様の助けになれる販売・接客のお仕事!

販売・接客のお仕事は、お客様のお困りごとへの対応をする機会が多くあります。

お店に来るお客様は様々なタイプに分かれます。

買うものが決まっている方、よりよい選択のための相談をしたいと思っている方など、それによって接客方法も変わってきますよね。

そのように、お客様それぞれのお困りごとに対処するという面では、医療・福祉・介護のお仕事に求められることと通じる部分もあります。

販売・接客のお仕事の場は多岐に渡るので、働きやすいところを選ぶことができるのもおすすめポイントです。

利用者に寄り添う心が大切!葬儀・セレモニースタッフ

高齢化によって需要が高まっているものとして、葬儀関連のお仕事も挙げられます。

亡くなった方、そして遺された方のための儀式は、これからもっと注目されていくでしょう。

葬儀が滞りなく進むように遺族のケアをするセレモニースタッフのお仕事には、特別な資格は必要ありません。

人の一生に関わる仕事に挑戦してみたい方にとっては、ひとつの選択として頭の片隅に置いておいてもよいのではないでしょうか。

軽作業のお仕事

集中力と正確性が求められる

軽作業のお仕事は、特別な資格が必要なく、アルバイトから気軽に挑戦できるものがほとんどです。

その仕事内容や取り扱い商品は様々で、やりやすいものを選ぶこともできます。

指定された商品を倉庫から集めてくるピッキングや、商品に不要なものが混入していないかどうか確認する検品など、作業そのものは難しくありませんが、責任は重大です。

日々変わらないルーティンのなかでも、変化を見落とさない力があれば、重宝されるでしょう。

短期間で高収入を得られる!

軽作業最大の魅力は、短期間で高収入を得られるお仕事が多いことです。

医療・福祉・介護のお仕事は、比較的高収入なことが多いですが、勤務時間が不規則だったり、残業が多いことから、家庭との両立が難しいという点があります。

小さな子どもがいるご家庭では、そのような働き方は難しいこともありますよね。

「いずれは医療・福祉・介護のお仕事にも携わってみたいけど、とりあえず今の大変な時期を乗り越えたい!」という場合は、短期間で高収入を得られる軽作業のお仕事を選んでみるのもよいでしょう。

医療・福祉・介護業界は高い専門性が求められる

医療福祉介護の仕事は専門性が高い

医療・福祉・介護のお仕事は、映画やドラマの題材として使われることも多く、憧れを抱いている方も多いでしょう。

実際にやってみようとすると、国家資格の取得が必須なものがあるほど高い専門性が求められること多く、未経験から挑戦するのは難しいものです。

まずは、やりたいと思うお仕事に資格が必要かどうかを知るところから始めましょう。

資格なしでできるお仕事であっても、資格がないばかりにかえって苦しい場合もあるので、「どうしても医療・福祉・介護に関わりたいか?」を考え、他のお仕事も視野に入れてみることが、よりよい転職の実現につながります。

 

▼「これからの仕事について相談したい!」という方は、ぜひ「しごと計画学校」にお越しください♪面接同行なども行っていますよ!

詳しくはこちらから!

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼転職活動についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら