転職結果を左右する!準備と計画

【転職スケジュール紹介】後悔しない転職計画の立て方解説

転職にはたくさんの準備が必要です。

特に在職中に転職活動を行う場合は、限られた時間をやりくりして現在の仕事と両立させなければなりません。

「とりあえず始めてみるか」と、計画も立てずに転職活動をしていませんか?

転職のゆくえを左右するのは、計画を立てて効率的に行動できるかどうかです。

それにはまず、転職までのスケジュールを把握しておく必要があります。

今回は、転職スケジュールを通して、後悔しない転職を実現するための計画の立て方をご紹介します。

 

転職スケジュール

  1. 転職時期を決める
  2. 自己分析
  3. 情報収集
  4. 履歴書・職務経歴書作成
  5. 応募・面接
  6. 引き継ぎ・退職

1.転職時期を決める

転職計画を立てる

一般的に、転職活動を始めてから内定をもらって入社するまでには3ヶ月~半年ほどかかると言われています。

新しい職場に入社したい時期を決め、そこから逆算して転職計画を立てましょう。

「何月には書類を作成する」「この日までに面接を受ける」など、具体的な目標を立てておくとメリハリのある行動ができます。

在職中に転職活動を行う場合は、転職活動と仕事を並行して行わなければならないため、時期の設定はより慎重に行う必要があります。

退職の時期が繁忙期と被ってしまうと、引き継ぎなどの手続きで迷惑をかけてしまうかもしれません。

すべてを会社の都合に合わせる必要はありませんが、そういった気遣いを忘れないことが円満退職の秘訣です。

転職のタイミングに関しては、下記記事にもまとめているのでぜひ参考にしてください。

2.自己分析

転職計画を立てる、自己分析

2-1.退職理由を明確にする

現職に対する不満や自分自身のスキルアップなど、退職理由は人それぞれ。まずは退職を考えた理由を書き出してみましょう。

「残業が嫌」「休みがなくてつらい」などのマイナスな理由を挙げるだけでなく、「これからこうしたい」といった働く意欲に繋がる思考に切り替えることが大切です。

退職理由を明確にすることで、「なりたい自分」が見えてきます。

「なりたい自分」になるためにどのような働き方をするのがよいか考えましょう。

これは、転職が自分にとって最善の選択かどうかを判断するものでもあります。

「辞めたい!」という衝動のまま行動するのではなく、一度冷静になって気持ちを整理してみましょう。

案外転職しなくても解決する問題かもしれませんよ。

辞めてしまった会社に戻るのは難しいことです。取り返しのつかないことになる前に、きちんと自分自身と向き合いましょう。

2-2.キャリア・スキルを整理する

中途採用では、即戦力となる人材を求めている企業が多く、熱意よりも能力を重視されるケースがほとんどです。

まずは、自分自身のキャリアとスキルを整理しましょう。

現職とまったく違う業種への転職であったとしても、社会における経験は武器になります。

仕事上のエピソードを思い返して、自分自身の強みを発見しましょう。

自己分析を通して社会人としての価値を明白にし、売り込むポイントを見つけておくと、仕事探しがスムーズになりますよ。

3.情報収集

転職の方向性が決まったら、情報収集をします。

やみくもに求人情報を集める前に、転職活動における「軸」を決めておくことが大切です。

仕事内容や待遇、給料など、たくさんの条件を設定してしまうと、何が自分にとって一番大切な要素かわからなくなってしまいます。

仕事に求めるものを明確にするためにも、条件に優先順位をつけ、そのなかでもゆずれないものを転職活動の「軸」としましょう。

企業HPや求人サイト、転職エージェントなどを活用して情報を集め、比較検討します。

企業によっては職場見学や社員への質問の機会を設けてくれる場合もあります。わからないことはそのままにせず、相談してみましょう。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

4.履歴書・職務経歴書作成

応募する企業が決まったら、書類を作成します。

転職の場合は、履歴書職務経歴書が必要です。

 

  • 履歴書…記入フォーマットがある程度決まっている。氏名や学歴など基本的なプロフィールを記入する。
  • 職務経歴書…決まった形式がないことが多い。A4用紙1~2枚。具体的な業務経験やスキルなどを自由に記入する。

履歴書や職務経歴書は、自己分析企業研究がきちんとできていればスムーズに書くことができます。

応募先の企業が求める人材像を理解し、自分の強みをアピールする方法を考えましょう。

5.応募・面接

転職スケジュール、面接と応募

応募から面接、内定までには1~2ヶ月ほどかかる場合があります。

1社にしぼらずいくつかまとめて応募しておくと、選考が並行して進むので効率的です。

不採用でも落ち込まず、経験を糧にしてブラッシュアップしていく気持ちで挑戦しましょう。

面接では、応募書類の内容をもとに質問をすることがほとんどです。

履歴書や職務経歴書に書いた内容はきちんと覚えておくようにしましょう。

ずるずると転職活動を続けてしまわないように、しっかりと事前準備をして臨むことが大切です。

6.引き継ぎ・退職

内定が決まったら、転職先企業への入社日と、現職の退職日を決定します。

会社によっては、退職交渉が長引いてしまう場合もあります。退職日・入社日を決める際には、双方に迷惑をかけないように気をつけましょう。

また、退職が決まったら今まで自分が携わっていた仕事を誰かに引き継がなくてはなりません。

引き継ぎ作業にかかる時間も、転職計画のうちに入れておきましょう。

退職準備に関しては下記記事にまとめているので、気になる方はチェックしてください。

計画を立てて後悔しない転職を

後悔しない転職のために

転職活動は、計画を立てるところから始まります。

転職のスケジュールを把握し、転職計画に沿ったムダのない動きを目指しましょう。

漠然としたイメージのまま転職活動を続けても、よい結果には結びつきません。

まずは転職時期を目標として定め、逆算して行動計画を立てましょう。

短期間で集中した転職活動は、「なりたい自分」を実現するための近道です。

 

▼転職スケジュール、具体的にはどうなる?

転職活動をしているうちに、「あれ、本当はなにがしたいんだっけ…」とわからなくなってしまうこともあります。

「しごと計画学校」で実際にあったケースを参考に、転職活動のスケジュールを考えましょう!

 

▼転職計画に迷ったら、「しごと計画学校」で一緒に考えましょう。

 

▼転職のことがもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら