転職相談、誰にする?

転職相談、誰にする?それぞれのリスクと注意点

転職を意識したら、誰かに相談したくなることもありますよね。

そんな時の相談相手選びが、その後の転職活動を左右するかもしれません。

今回は、転職相談相手別の注意点を解説します。

 

転職相談、誰にする?【上司編】

転職相談をする女性

同じ会社で働く上司への転職相談は、基本的にはNG

転職を考えていることを上司の耳に入れてしまうのは、とにかくリスクが大きいです。

あっという間に社内に広まってしまうこともありますし、最悪の場合それを理由に社内評価を下げられてしまうこともあります。

上司に転職の話題を出すのは、すべてが決まった後の報告のみとするのがベターです。

転職一歩手前の相談も

転職したい理由によっては、部署異動や転勤などで解消されることもありますよね。

そういった交渉ができそうな上司であれば、希望を伝えてみるのもよいかもしれません。

社内の規定で条件が設定されていることもあるので、事前に確認するのを忘れないようにしましょう。

もちろん転職相談と同じだけのリスクはありますが、希望を伝えることによってひらける道もあります。

ひとまず相談してみて、状況が変わりそうになければ転職を検討するという流れを作ることもできますよね。

「希望が通らなければ転職します!」とは言わずに、あくまでも社内で仕事を続けるための相談として話すのがよいでしょう。

転職相談、誰にする?【同僚編】

転職相談、誰にする?

仕事上の苦労を分かってもらえる一番の存在、同僚。

しかし、同僚への転職相談もあまりおすすめできません

まずは上司同様、社内に広まってしまうリスクがあります。

そのうえ、同僚は仕事をするうえで非常に近しい存在です。

あなたが転職を考えていることを知ったことで、日々のやりとりがぎくしゃくしてしまうこともあるかもしれません。

どちらにせよ、転職の情報がプラスに働くことはないので、極力話題に出さない方がよいでしょう。

メリットもある!肝心なのは見極め

同期入社でここまで一緒に頑張ってきた!

入社当時から手取り足取り教えてくれた信頼できる先輩!

など、友人以上の信頼関係で結ばれていると思える同僚もいますよね。

相手によっては、誰よりも強い味方になってくれる場合もあります

ただし、どれだけ長い付き合いだとしても、油断してはいけません。

上司への相談にも共通することですが、社内の人間に相談するなら見極めが肝心です。

苦楽を共にした同僚であればなおさら、ついつい頼りたくなる気持ちは分かりますが、本当に話しても大丈夫な相手かどうか冷静に考えましょう

元・同僚は最高の相談相手!?

もしも、既に転職した親しい同僚がいるなら、連絡をとってみるのもおすすめです。

元・同僚は、社内の事情を知っていて、なおかつ転職経験者でもあるため、相談相手としては最適とも言えるでしょう。

しかし、その人の成功例をなぞることだけに躍起になってしまってはいけません。

あなたにはあなたの悩みがあり、目指す場所があるはずです。

元・同僚への転職相談は、必ずしもプラスになるわけではありませんが、社内の同僚よりはずっと安全でしょう。

しごと計画学校

転職相談、誰にする?【家族・友人編】

転職相談を友人にする

日ごろのあなたのことや、将来やりたいことも知っている家族・友人。

家族や友人が相手であれば、日々のちょっとした愚痴から本格的な転職のお悩みまで気軽に相談できますよね。

相談された相手も、大切な存在であるあなたの悩みにきっと真剣に向き合ってくれるでしょう。

だからこそ、家族・友人への転職相談には注意が必要です。

親身になってアドバイスされるとすべてを鵜呑みにしたくなりますが、相談相手は転職に関する専門家ではありません

どれだけあなたを思った言葉であっても、参考程度にとどめることを忘れないようにしましょう。

偏った意見かも?

特に、生活を共にしている家族の場合、先行きの不透明な転職に不安を覚える方も多いでしょう。

転職をすると年収が下がってしまうこともあるため、当事者であるあなた以上に敏感になっていることもあります。

そのため、あなたがどうしたいかよりも、日々の暮らしの安定を優先した意見になってしまいがちなのです。

ある程度気持ちを固めておかないと、いつの間にか偏った意見に流されてしまいます。

家族として暮らしていく以上、自分の気持ちだけでは決断できないこともありますが、「自分はどうしたいか」という視点を忘れないようにしましょう。

転職相談、誰にする?【転職エージェント編】

転職エージェントに相談

転職相談から転職先の紹介まで、様々なサポートを行う転職エージェント。

スムーズに転職活動を進めるなら、やはり転職エージェントが一番おすすめです。

数多くの転職希望者の相談に乗ってきた実績はもちろん、採用活動を行う企業側の事情もわかるのが転職エージェント最大の特徴です。

客観的なアドバイスをもらえるだけでなく、企業ごとの効果的なアピール方法も教えてもらえます。

自分ひとりでの転職活動がうまくいかなくなったら、利用してみるとよいでしょう。

エージェント選びは慎重に

転職エージェントと一言で言っても、その種類は様々です。

まずは、あなたに合った転職エージェントを探すところから始めましょう。

受けられるサービスもエージェントによって異なります。

履歴書・職務経歴書の添削を受けられたり、職場見学や面接に同行してくれたり。

不安を感じている部分をサポートしてくれる転職エージェントを選びましょう。

 

▼「しごと計画学校」の転職サポートはこちら♪

事前準備も大切

転職エージェントは転職のプロ!

とは言っても、あなたを見ただけで答えを出せるわけではありません。

同僚や家族と違って、転職エージェントはあなたのことを知らないのです。

相談を始める前に、あなた自身のことを説明する必要があります。

今まさに仕事で悩んでいることや理想の働き方など、これからの転職活動の材料になりそうな情報をまとめておきましょう。

よりあなたにぴったりのお仕事を探すためには、趣味や特技など、あなたのパーソナルな部分も掘り下げておくのがおすすめです。

いわゆる自己分析というものですね。

あなた自身のキャラクターを転職エージェント側がきちんと理解することで、転職活動の方向性が明確になります。

本格的に転職活動を始めるかどうか悩んでいる場合でも、やっておいて損はありませんよ!

まずは自分自身との相談も

転職相談で悩む女性

今回は、転職相談の相手にふさわしいのは誰か?を考えてみました。

会社の上司、同僚、家族に友人…。

自分の身のまわりにいる人への相談は、細かく説明しなくても悩みを理解してくれるというメリットがあります。

心強い反面、身近な存在だからこそ注意しなければならないところがたくさんあることがわかりましたね。

 

客観的かつ的確なアドバイスを期待できるのは、やはり転職のプロ、転職エージェントです。

しかし、プロといえども、なにもないところから最適な道をアドバイスできるわけではありません。

相手が誰であれ、大切なのは自分の今までとこれからを言葉で説明する準備をしておくことです。

今までの仕事で嫌だったこと、嬉しかったこと、これから挑戦してみたいこと。

まずは、箇条書きで今の自分の気持ちを書き出してみてください。

自分自身と相談する時間も大切です。

そうすれば、相談の場も有意義なものとなり、理想の働き方に近づくことができるでしょう。

 

▼「私も転職エージェントを利用できる?」

 

▼ご相談はこちらから♪

 

▼転職・再就職サポート!セミナーはこちらから♪

 

▼転職についてもっと知りたい方は、こちらもチェック!

しごと計画学校

 

▼しごと計画学校Twitterはこちら