「給料が安い」で仕事を辞める前の3点チェック

「仕事を辞めたい!」と思う瞬間は、誰にでも訪れるものです。

その理由も様々でしょう。

「給料が安すぎる!」「サービス残業にはうんざり!」などといった、給料にまつわる不満を抱える方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、「給料が安い」ことを理由に仕事を辞める前に押さえておきたい3つのチェックポイントをご紹介します。

 

高い給料には理由がある

仕事辞めたい、高収入にも理由がある

1つ目のチェックポイントは、仕事内容と給料の関係を理解することです。

「具体的な不満はないけれど、とにかくたくさんお金がほしい」と思っている方は多いのではないでしょうか。そんな方は要注意です。

一般的に、給料が高い仕事には以下のような特徴があります。

 

  • 国内外への転勤が多く、定住が難しい
  • 残業や休日出勤が常態化している、激務
  • 高度なスキルや資格が必要

高いお給料をもらうには、それ相応の働きが必要な場合がほとんどです。

漠然とした理由で高い給料に飛びついてしまうと、後で大変な思いをするかもしれません。

「お金さえもらえれば他のことはどうでもよい」と言えますか?

仕事を続けていけるかどうかは、職場の人間関係や仕事内容、プライベートの充実など、給料だけでは判断できない要素がたくさん関係しています。

楽にお金を稼げる仕事はそう多くありません。まずはそのことをしっかりと頭に入れておきましょう。

給料を理由に退職する前に

給料を理由に仕事を辞める前に

2つ目のチェックポイントは、仕事を辞める前にできることを見つけることです。

給料が安いからといって、すぐ退職してしまうのはおすすめしません。

給料アップを目指して転職したはずが、前より状況が悪くなったということが起こってしまう前に、在職中にできることがないか探してみましょう。

案外仕事を辞めなくても解決する問題かもしれませんよ。

給料アップの交渉をする

退職に踏み切る前に、給料アップの交渉ができるかどうかを考えてみましょう。

社内で重要なポジションに位置していたり、高度な専門知識を持っているような、会社にとって手放したくない人材であれば、給料アップに応じて会社に引き留めてくれることもあります。

しかし、1人だけを特別扱いすることが難しいのも事実です。

失敗した場合は、その後会社に居づらくなったり更に待遇が悪くなったりする可能性もあるので、交渉には高いリスクも伴います。

資格取得などでスキルアップをする

給料が安い仕事の多くは、「誰にでもできる仕事だから」と言われています。

いくらでも替えがきくような仕事内容であれば、転職したとしても給料アップは難しいでしょう。

在職中にできる対策としては、自らの努力でスキルアップをすることです。

会社によっては、資格を所持していること、または取得しようとしていることを条件とする資格手当を支給しているところもあります。今一度会社の規約を見直して、興味のある資格があれば挑戦してみましょう。

会社に留まるにしても転職するにしても、人材としての価値を高めておくことは大切です。

よりよい条件で働きたいなら、在職中に自分を磨いて魅力をアップしておきましょう。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

本当に「給料が安い」ことが不満なのか

「給料が安い」が本当の退職理由?

3つ目のチェックポイントは、会社への不満を整理することです。

「給料が安い」ことを理由とした転職は多く、また不自然でもありません。

しかし、漠然と「給料が安いから」という理由で転職活動を開始してしまうと、うまく転職先をしぼることができなくなってしまいます。

同じ「給料が安い」という不満でも、どこにポイントがあるかによって、転職先選びの基準も大きく変わります。

あなたの不満は本当に「給料が安い」ことだけなのでしょうか。退職をする前にしっかり自分と向き合ってみましょう。

成果が評価されない!

「やったらやった分だけ評価される」というスタイルを好む方にとっては、いくら働いても昇給しないような会社、もしくは在籍年数などで機械的に昇給するような会社ではストレスを感じてしまうでしょう。

「給料そのものが安い」というよりは、「自分の働きに対してこの給料は安い」「こんなに頑張っているのにあの人と同じ給料なのはおかしい」と考えている方が多いのではないでしょうか。

そのような場合は、給料だけでなく、昇給や手当取得の条件をチェックするようにしましょう。

「努力を正当に評価されるならいくらでも頑張れる!」というガッツのある方ならば、個人の成績によって対価が得られる会社の方が合っているでしょう。

基本給が高くても、昇給システムが今の会社と同じなら、また同じように悩むことになってしまいます。

残業が多いのに給料に反映されない!

賃金の出ない時間外労働、通称「サービス残業」。

そもそも残業代を設定していない場合や、ある一定の時間までの固定残業代のみしか支払われない場合など、残業と給料に関しては多くの問題があります。

理由なく残業代を出さないことは違法ですが、なかなか対応出来ない会社が多いことも確かです。

まずは転職活動を始める前に「残業が多い」ことが不満なのか、「残業代が出ない」ことが不満なのか、見極めておく必要があります。

「給料が高くなるなら多少の残業があっても構わない」のであれば、会社の給与形態をよく見て、残業代の扱いを確認してください。

給料を軸に転職しない

給料を軸に転職するのはやめよう

転職の際には、ゆずれない条件としての「軸」を設定することが大切です。

「給料が安いから転職したい」というのは転職理由としておかしくはありません。

しかし、給料を理由に仕事を辞める前に、今回ご紹介した3つのチェックポイントを思い出してください。

  1. 仕事内容と給料の関係を理解する
  2. 仕事を辞める前にできることを見つける
  3. 会社への不満を整理する

「給料が安い」という言葉の裏に、それよりも大きな不満やストレスの種が眠ってはいませんか。

それを明確にする前に給料を「軸」としてしまうと、今より給料が増えたとしても転職先で苦しい思いをすることになります。

仕事を辞めたい理由は本当に「給料が安い」ことなのでしょうか。

今の仕事を辞めてしまう前に、自分と仕事のことをしっかり考えることが大切です。

自分の「軸」と給料のバランスを見るようにすれば、納得のいく転職ができますよ。

 

▼お給料ってやっぱり大事!

働きやすさとお給料、どちらもゆずれない!

でも、いざお仕事を探してみると意外と難しいものです。

「しごと計画学校」で、あなたの「転職の軸」を一緒に探しましょう!

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼仕事、辞めようかな…と思ったらこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら