ブランクがあっても転職できる?

ブランクがあっても転職できる?

結婚や子育てなど、わけあって会社を退職。一度仕事を離れて、いわゆる「ブランク」ができてしまうと、転職活動を始めるのになんだか勇気がいりますよね。

「ブランクがあっても転職できる?」「ブランクがある理由はどうやって伝えるのが正解?」

今回は、そんな疑問にお答えしつつ、転職に向けたブランクとの向き合い方をご紹介します!

 

「ブランクがあると不利」の理由

転職ブランクとは

ブランクとは、「空白」という意味で、仕事から離れていた期間のことを指します。

そして多くの場合、「転職・再就職の際、ブランクがあると不利」とされているようです。

その理由は、仕事をしていない期間があることで「働きたいという意欲がない人なのでは?」という風に思われてしまうことにあります。

しかし、それはあくまでも第一印象。伝え方次第でマイナス評価をくつがえすことができるのです。

応募書類の書き方

まず採用担当者の目に触れるものは、履歴書や職務経歴書などの応募書類です。

ただ前職の退職日を記入するだけで何の理由も示されていなければ、その時点で不信感を抱かれてしまいます。

退職の理由に触れたくない場合もあると思いますが、まったく記述がないのは不自然です。「退職後は何をしていたんだろう」「本人に何か問題があるのでは」など、採用担当者に不要な先入観を与えてしまいます。

そのため、応募書類の段階で退職理由やブランクができてしまった理由、またブランクの期間中にやっていたことを記入しておくとよいでしょう。

書類の段階で落とされてしまうという方の多くは、「ブランクがある」という部分だけが目立ってしまい、あなた自身の実力や意欲が伝わっていないというところに問題があります。

そうならないように、「ブランクがある」ことをマイナスに感じさせないような記述を増やしてみましょう。

たとえば、「離職中に資格の勉強をしていた」「即戦力になれるこんな能力がある」など、ブランクがあっても前向きに頑張る姿勢をアピールし、「ぜひ面接をして直接話をしてみたい!」と思わせられるような工夫が必要です。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

面接で聞かれること

採用担当者は、面接の際まず間違いなくブランクの理由を聞いてきます。

しかしそれは、あなたを委縮させようとしているのではありません。

ひとつの質問パターンとして聞いている場合がほとんどですし、重大な病気など配慮すべきことがないかどうかを知りたいだけなのです。

なので、特別構えたり、嘘をついたりする必要はありません。正直に、前向きに答えられたらOKです。

子育てブランクの場合

転職、子育てブランク

不利になってしまうブランクのひとつに、「出産・子育てによる年単位のブランク」が挙げられます。

出産・子育ては、今なお女性の離職理由の大部分を占めているでしょう。

近年、夫婦共働きが主流となり、母親による産休・育休期間での保育園探しから復職への動きも珍しくない光景となりましたが、子育てにおいてはそれだけが正解ではありません。

出産を機会に仕事をやめ、子どもの成長をそばで見守ることも立派な選択です。

そのような場合、どうしても「年単位のブランク」が生じてしまいます。

面接を乗り切る効果的な手としては、専業主婦として過ごす期間でアピール材料を集めておくことです。

「資格取得のために勉強していた」「前職と関係のあるニュースを毎日チェックし、最新の動きを把握するようにしている」など、ブランクの間も職場復帰を念頭に入れていたということをアピールできれば、話題にも困りませんよね。

もしくは、PTA役員など母親という立場でしか経験できないことをアピールするのも有効的です。

子育てによるブランクを後ろめたく感じる必要はありません。

ブランクに対する言い訳ではなく、再就職への前向きな意欲をアピールすることが大切です。

転職活動によるブランクの場合

一般的に、転職活動を始めてから転職先が決まるまでの期間は3ヶ月と言われています。

そのため、ブランクが3ヶ月以上となると採用担当者からあまりよい印象は抱かれません

気がつけばもう半年、などということになれば、面接の前から「働く意欲がないのではないか」「現場感覚がなくなっているのではないか」というようなマイナス評価を下されてしまいます。

そのような場合は今までの転職活動を振り返ってみて、反省点や自分が活躍できると考える理由を述べてみるとよいでしょう。

失敗や困難に直面した場合の対応力をアピールするような気持ちで話すと、プラスの評価につながります。

今までの転職活動の結果を悲観しすぎないことが大切です。

ブランクがある場合の転職活動で大切なこと

ブランクのある転職、大切なこと

ブランクができてしまう理由は様々です。

「ブランクがあると転職が不利になる!」という言葉をあまり深刻に捉えすぎないことが成功のカギと言えるでしょう。

現時点で置かれた状況を悲観せず、再就職への前向きな姿勢を見せることで大きく印象は変わります。

「なぜブランクがあるのですか?」という質問には、たしかにどう答えればよいのか迷ってしまいますね。

しかし、慌てる必要はありません。

採用担当者が重視するのは、あくまでも「働くことへの意欲」です。

決して、「ブランクがあるような人は雇ってやるものか」というような意地悪な考えを持っているわけではありません。

「長いブランクがある方に対してはこの質問をするって決まっているんだな」という程度に認識しておきましょう。

まずは自分自身が前向きになることと、働く意欲をアピールすること。この2点を押さえておけば、ブランクがあってもスムーズな転職ができますよ。

 

▼ブランクがあると、やっぱり不安…。

履歴書や面接など、ブランクがあると答え方に困ってしまうことはたくさんありますよね。

「しごと計画学校」では、そんなお悩みにしっかり寄り添います!

タイプの違う3社、すべての選考を受けたことでわかったこととは?

実際の転職サポートの様子をご紹介!

 

▼お仕事探しに迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼転職についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら