30代からの未経験転職

30代・未経験での転職。成功のために今できること

「未経験からでもOK!」

求人広告ではよく見るフレーズですよね。

しかし、年齢を重ねるにつれて未経験での転職は難しくなっていくのが現状です。

今回は、未経験からの転職を成功させるためにやっておきたいことを解説します。

 

30代・未経験での転職は難しい?

30代からの未経験転職

新卒を含む20代の頃であれば、未経験であることはそれほど問題になりません。

それは、年代によって期待されていることが違うからです。

 

  • 20代…これからの伸びしろ、吸収力
  • 30代…これまでの経験によって身についた技術・知識

 

企業にとって、30代の人材はある程度の社会経験を積んでいることが前提になっています。

つまり、30代からの転職は、これまでの経験を活かしてすぐに一線で活躍できるというのが一番のアピールポイントになるということです。

30代・未経験での転職が難しいと言われる理由は、そこにあります。

「経験」はその仕事に限らない

それでは、30代からはこれまで経験したことのあるものにしか転職できないのでしょうか。

企業が求める「経験」とは、必ずしもまったく同じ業界・職種には限りません。

確かに、直接の経験がある方が有利になることはあるでしょう。

しかし、これまでの社会経験のなかで何を身につけたのか、またそのスキルを活かしてどのような貢献ができるのかというところをアピールできれば、そのお仕事の経験がなくても好印象を持ってもらえます。

これまでのお仕事を振り返って、社会人としての経験をひとつずつ整理していきましょう。

 

▼「しごと計画学校」では、未経験からの挑戦もサポート!

書類選考で「経験がない」を理由に不合格になったけど…。

実際のエピソードはこちら!

事前にやっておきたいこと

30代・未経験で転職活動を始める前に

ひと昔前に比べると、30代での転職はそれほど難しくなくなりました。

とはいえ、即戦力を求められるのも30代から。

30代・未経験での転職を成功させるためには、準備が必要です。

やみくもに転職活動を始める前に、やっておきたいことをいくつかご紹介します。

企業が求めるものを知る

未経験での転職がうまくいかない理由のひとつに、企業側が求める人材とのミスマッチがあります。

たとえば、「退職した人の穴を至急埋めたい!」「すぐに指導者ポジションとして活躍してほしい!」と考えている企業では、未経験での採用は難しいでしょう。

このように、未経験者を育てる余裕がないという企業側の事情で落とされてしまうこともあります。

せっかくの時間がむだになってしまわないように、事前のリサーチは欠かさないようにしましょう。

 

さらに、仕事内容にも注目!

専門知識や技術、資格が必要なお仕事は、未経験で挑戦するにはハードルが高いものです。

もし採用されたとしても、ついていけずに即退職…ということにもなりかねません。

採用された後のことも考えて転職先を選ぶことも大切です。

これまでの経験を整理する

応募する企業が決まったら、前職までの経験を書き出してみましょう。

この時、「販売」「事務」などの大きな枠組みだけでなく、細かな取り組みにも着目するのがポイントです。

たとえば、商品購入を促す工夫や、業務を円滑に進めるためのフローの導入など、あなた自身のアイデアや行動によって生み出されたもの

そのなかには、業界や職種に関係なく「すごい!」と思ってもらえるものがきっとあるはずです。

「売り上げが伸びた!」など、数字で成果をアピールできるのが理想ですが、発想力や提案力はどのような職場でも重宝されます。

ささいなことでもとりあえず書き出してみることで、これまでの自分を客観的に見ることができるでしょう。

志望動機は具体的に

未経験での転職に説得力を持たせるためには、志望動機にも工夫が必要です。

20代の頃にはやる気と熱意があればよかった志望動機も、30代となるとそうはいきません。

ここで、先程挙げた「これまでの経験の整理」が役に立つのです。

一見、まったく違うお仕事でも、活かせるスキルがあるかもしれません。

 

  • 事務としての社内での立ち回りを販売に活かす
  • 介護職で磨いたホスピタリティを飲食店でのお仕事に活かす
  • 営業で得た土地勘を配送・ドライバー業に活かす

などなど…。

これだ!というものを見つけたら、「これまで」と「これから」をつないでみましょう。

企業は、「これから」のあなたの働きに期待をしています。

「こんなことをしました!」という報告よりも、「だからこそこの職場でも役に立てる」という部分が重要なのです。

しごと計画学校

資格がないと転職できない?

30代からの転職、資格が必要?

未経験で転職活動を始める際、「とりあえず資格を取るところから始めようかな…」という気持ちになりがちです。

たしかに、なにもないよりはひとつでも資格があった方がよい場面もあるでしょう。

しかし、「転職で有利になりそうだから」という理由での資格取得はおすすめしません。

安易に判断する前に、じっくりと検討しましょう。

資格取得まで仕事はどうする?

まず、資格取得には時間がかかることを頭に入れておかなければなりません。

その道のりも様々で、独学で挑戦できるものもあれば、施設に通って授業を受けたり、長期的な実習が必要なものもあります。

仕事や家事・育児と並行して進めることができるのか、また資格取得に集中する場合はその間の収入をどうするか。

資格取得までの生活についても計画的に考えておかないと、なにもかも中途半端になってしまいます。

資格取得支援制度があることも

企業によっては、入社後に資格取得の支援を受けられる場合もあります。

ただし、新しい職場で働きながら資格を取得するのは想像以上に大変です。

ひとつの選択肢として検討するのはよいですが、あてにしすぎるのは危険でしょう。

「資格なしでもOK」に注意

資格なしでもOK?

最後に、資格があった方がよいパターンも挙げておきましょう。

お仕事によっては、「資格なしでもOKだけど、できる仕事の範囲はここまで」という線引きが存在します。

たとえば介護職の場合、資格なしでも働けますが、あくまで介護助手といった形で家事などの生活援助をするのがメインとなります。

一般的に介護のお仕事としてイメージされるような身体介護は、資格なしではできません。

詳しくはこちらの記事でも解説しています。

 

憧れのお仕事であればなおさら、現場にいながらなにもできない状態というのは歯がゆいものです。

まずは自分がやりたいことを実現するために資格が必要かどうかをしっかりと見極めましょう。

未経験からの転職成功のために

30代・未経験からの転職成功

30代・未経験での転職は、一筋縄ではいかないことも多いでしょう。

しかし、必ずしも「未経験であること」がネックになっているわけではありません。

これまでの経験を整理して自分をアピールすることや、企業の状況を見て未経験でも挑戦できそうかリサーチすること。

今からでもできる対策はたくさんあります。

諦めてしまう前に、準備の仕方から変えてみましょう!

 

▼「しごと計画学校」で職場見学も♪

「未経験だけど子どもに関わるお仕事がしたい!」

そんなKさんとの職場見学の模様はこちらから☆

 

▼「しごと計画学校」で転職準備、しませんか?

これまでの経験を整理しながら、あなたにぴったりのお仕事を一緒に考えます。

ご相談はこちらから♪

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼30代からの転職をもっと知りたい方はこちらもチェック!

しごと計画学校

 

▼しごと計画学校Twitterはこちら