WEB面接の流れ・注意点

WEB面接の注意点とは?事前準備~当日まで項目別解説!

新型コロナウイルスの影響もあり、「オンライン○○」「WEB○○」というフレーズをよく聞くようになりましたね。

就職・転職の世界も例外ではありません。

今、「面接」の形が大きく変わりつつあるのです。

そこで、今回は話題のWEB面接を解説します。

WEB面接の流れや注意点、より印象をよくするコツを押さえて採用を勝ち取りましょう。

 

WEB面接とは

WEB面接とは

WEB面接とは、パソコンやスマートフォンを使って行うインターネット上での面接のことです。

基本的には、ビデオ通話ができるツールをダウンロードして行います。

自宅と企業・お店をつないで面接を受けることができるので、面接会場が遠い場合や県外にいる場合でも安心です。

WEB面接の注意点~事前準備から当日まで~

WEB面接のコツ

WEB面接をマスターするには、流れを押さえておく必要があります。

事前準備から当日まで、項目別にその注意点を確認してみましょう。

WEB面接の注意点:事前準備編

WEB面接において、事前準備は非常に重要です。

まずは、WEB面接に使うパソコンや周辺環境を準備しましょう。

お手持ちのパソコンにマイクやカメラが搭載されているか確認し、されていない場合は外付けのものを入手しなければなりません。

その際、イヤホンの準備も一緒にしておきましょう。イヤホンを使った方が面接官の声がクリアに聞こえます。

ものによっては別途接続するための線を買わなければならないタイプのイヤホンもあるので、当日になって慌てないように注意しましょう。

次は、使用するツールの確認です。

大抵は企業指定のビデオ通話ツールを使うことになるので、事前に確認し、遅くとも面接前日には登録・ダウンロードしておきましょう。

プロフィール画像など、面接官に見られる可能性のあるものについては、慎重に選ぶようにしてください。

スマホでも受けられる?

企業によっては、スマートフォンでもOKのところもあります

まずは面接に使うビデオ通話ツールが使えるかどうか確認してみましょう。

スマートフォンで受ける場合、手に持ちながらではなく、台の上などに固定するのが望ましいとされています。

面接の最中に倒れたりしないよう、万全の準備を整えておきましょう。

また、メールや電話などの通知が鳴らないようセットしておくことも必要です。バイブの音も案外響くので要注意!

WEB面接の注意点:場所・環境編

WEB面接は静かな自宅で

WEB面接を受ける場所を選ぶ基準は、「静かさ」と「ネット環境」です。

まずは、「静かさ」

マイクが拾ってしまうような騒音や話し声が多い場所は避けましょう。

自宅で受ける場合も家族に共有し、物音や話し声に注意してもらうようにしてください。

企業によっては子どもと一緒に面接を受けてもOKのところもあります。どうしても子どもをひとりにしておけない場合は、相談してみてもよいでしょう。

次に、「ネット環境」

WEB面接をスムーズに進めるためには、安定したネット環境が不可欠です。

基本的には有線LANがある場所を選びましょう。

どうしてもWi-Fiなどを使わなければならない場合は、友人や家族などに協力してもらい、事前に接続テストを行うのがおすすめです。

「静かさ」と「ネット環境」のどちらもクリアできる場所として、自宅が一番よいとされています。

どちらかの条件に不安がある場合は、ネットカフェなどのネット環境のある個室空間を利用する方が安全かもしれません。

自宅だからこその注意点は?

☆背景に注意!

自宅で受ける場合は、背景の映り込みに注意しましょう。

洗濯物やポスターなど、生活感が出てしまうとよい印象を持ってもらえないことがあります。

極力なにも映らないようにカメラの角度にも気をつけましょう。

☆お届け物に注意!

自宅にいると、荷物の配達などで玄関のチャイムが鳴ってしまうこともあります。

それによって面接が中断してしまったり、そうでなくても非常に気まずい思いをすることになってしまうでしょう。

極力そういった事態を避けられるように、配達の時間帯などを調整しておく必要がありますね。

☆服装に注意!

自宅からの参加だと、気もゆるんでしまいがちです。

しかし、どこで受けようと、面接であることに変わりはありません。

迷った時はスーツを着ておけば間違いないでしょう。

一方、対面での面接同様、私服での参加OKの場合もあります。事前に確認しておきましょう。

WEB面接の注意点:当日編

WEB面接の流れ・注意点

WEB面接当日、まずは面接の際に必要になりそうな履歴書・職務経歴書などの書類を手元に揃えておきましょう

面接の結果発表日などを口頭で伝えられる可能性もあるので、メモ用紙やスケジュール帳があるとなおよいです。

それらの準備も含めて、遅くとも5分前にはログインできているようにしておきましょう。

対面面接と同じように、ログインがはやすぎても失礼にあたってしまうため注意が必要です。

目線はどこ?

対面面接では、当然話している方の目を見ますよね。

しかし、WEB面接で話している方の画像を見ると、目線を合わせているつもりでも、相手にはうつむいているように見えてしまうのです。

そのため、WEB面接の際はカメラの方を見るように心がけましょう。

聞き取れなかった時は?

一時的にネット環境が不安定になったり、ボリュームの関係などで、面接官の声が聞こえなかった…!という事態にも陥りがちなのがWEB面接。

聞こえたふりをしてとんちんかんなことを答えてしまうよりは、もう一度言ってもらった方が断然よいですよね。

とはいえ、「はい?」「聞こえません!」などと言ってしまっては失礼なので、言葉にはじゅうぶん注意しましょう。

例えば、「申し訳ございません、もう一度お願いしてもよろしいでしょうか」などと言って聞き返せばOKです。

WEB面接の特性上、珍しいことではないので、聞き返したからといって低評価になることはありません。分からないままにせず確認するようにしましょう。

切る時も油断しない!

面接が終わって「本日はありがとうございました」と挨拶をしても、気を抜いてはいけません。

電話と同じで、面接官が通信を切るまで待つようにしましょう。

面接官側もこちらが切るのを待っている気配を感じたら、「それでは、こちらから切らせていただきます。本日はありがとうございました」と断ってから静かに切るようにしてください。

終わった瞬間ブチッと切ってしまうと印象がよくありません。最後まで油断しないようにしましょう。

しごと計画学校

印象アップ!WEB面接のコツ

印象アップするWEB面接のポイント

基本的な流れは分かりましたか?

ここからは、よりよい印象を与えるためのコツをご紹介します。

聞き取りやすい声で

対面に比べると、どうしても声が聞き取りにくい印象になってしまいます。

少しでも軽減されるように、ハキハキしゃべることをこころがけましょう。

声が大きすぎたり小さすぎたりしないように、マイクとの距離も事前に調整しておくとよいですね。

表情・仕草も気をつけて

面接官にとって、あなたの情報は画面のなかにしかありません。

そのため、対面の時よりも、ちょっとした表情や仕草が印象に残りやすくなっています。

画面越しの方がかえって緊張してしまうということもあると思いますが、柔らかい表情を浮かべられるように練習しておきましょう。

また、視線の動きは案外目立ちます。

スマホや時計をちらちら見たり、手元の資料をじっと見てしまうと「集中していないな」と思われてしまいます。

なるべくよそ見をせず、カメラをしっかり見るようにしましょう。

WEB面接をマスターしよう

WEB面接をマスターしよう

最近話題のWEB面接。

新卒採用をはじめとする正社員採用だけでなく、アルバイト・パート採用でも導入を始めた企業もあります。

しっかり準備をしておけば、WEB面接もこわくありません。

流れや注意点を理解して、これからの転職活動に活かしていきましょう!

 

▼書類作成や面接同行など、あなたの転職を全力サポート!

「しごと計画学校」へのご相談はこちらから!

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼転職についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

しごと計画学校

▼しごと計画学校のTwitterはこちら