転職でも内定辞退はできるのか

転職活動中の内定辞退のコツって?波風立てないマナー解説

転職活動をしていると、「せっかく内定をもらったけどやっぱり行きたくないな…」と思うことも少なくないでしょう。

新卒採用でよく聞く内定辞退ですが、中途採用ではどうなのでしょうか。

今回は、転職活動中の内定辞退について徹底解説します。

 

転職でも内定辞退できる?

転職と内定辞退

結論から言うと、内定辞退は可能です。

入社を承諾した後の辞退となると、入社日の2週間前までに申し出る必要があるので注意しましょう。

このような期限に関係なく、「入社しないことが決まった時点で即報告!」が内定辞退の鉄則です。

書類選考や面接の段階でも、入社しないことを決めた段階で速やかに連絡しましょう。

内定辞退の連絡方法

内定を辞退することを決めたら、まずは電話で連絡するのが一般的です。

担当者が不在の場合はメールで要件を伝えておきましょう。

まずは内定をいただいたことへの感謝を述べ、「内定を辞退したい」ということをはっきりと伝えることが肝心です。

転職エージェントを利用している場合は、エージェントが間に入って連絡をとってくれるので、直接企業に連絡する必要はない場合が多いでしょう。

その場合も「即報告」を徹底する必要があります。

内定辞退の理由は言わなくてOK

せっかくいただいた内定を辞退するからには相応の理由が必要なのでは…とお悩みの方、安心してください。

内定辞退の理由は言わなくてもOKです。

ただ、企業によっては理由を求められる場合もありますので、答えの準備だけはしておきましょう。

他の企業への入社を理由として話す場合、入社予定の企業の名前は出さず、「検討したが辞退することにした」とだけ伝えておくのが無難でしょう。

場合によっては理由を話した方が良いことも

病気や介護などやむを得ない事情で突発的に転職活動を中止しなければならなくなった場合など、内定辞退の理由をきちんと説明した方がよいこともあります。

状況が落ち着いた時に再度応募することを想定して、「機会があればまた選考してほしい」ということを伝えておくと印象がよいですね。

どちらにせよ、自分の都合で企業の申し出を断ることになるので、失礼のないように細心の注意を払いましょう。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

内定辞退のマナー

内定辞退を防ぐコツ

企業は、内定を出した段階で入社は決まったものだと考えている場合があります。

内定辞退の連絡が遅れれば、備品購入や業務分担などあなたの入社のための準備がむだになってしまいます。

それだけでなく、あなたへの内定を出すことで採用活動を打ち切り、他の優秀な求職者を不採用にしてしまっていたら取り返しがつきません。

中途採用の場合は特に、退職者の穴埋めや新しいプロジェクトの発足など即戦力となる人材を求めている場合がほとんどで、採用の期日がある程度決まっている企業もあります。

長い時間とお金をかけて検討を重ねたあなたの入社がなくなることが企業に与える影響は少なくありません。

トラブルを未然に防ぐためにも、内定辞退のマナーをいくつか紹介します。

勤務条件は?事前確認で内定辞退を未然に防ぐ!

内定辞退になる前に・面接時に確認すること

求人広告の段階では、お給料や実際の勤務状況がはっきりわからない場合がありますよね。

詳しい情報は入社が決まってから開示する企業も多いため、こちらから聞かない限り明らかにされない場合もあります。

企業から提示されるのを待っていては、結果的に自分にとっても企業にとっても時間のロスになってしまいます。

面接の段階で実際の勤務についての疑問は解消し、納得いかない場合はそこで選考を辞退するようにしましょう。

そうすれば、内定をもらってからミスマッチに気づくことも避けられますし、入社したとしても理想とのギャップに苦しまなくて済みます。

返事を待ってほしいときは

いくつかの企業の選考を受けていて他の企業の結果を待ちたい場合、内定をキープしておきたい気持ちは分かりますが、安易に入社を承諾してはいけません。

内定通知に対する返事は、入社への最終判断とみなされます。お互いのためにも慎重に行いましょう。

返事ができない事情がある場合は、すぐに判断せず保留とするのが一般的です。

ただ返事をしないまま放置するのではなく、保留したい旨を必ず連絡しましょう。

その際には、自分から返事の期限を決める必要があります。

基本的な保留期間は2~3日と思っておきましょう。

1週間を超える場合は内定を取り消されてしまう可能性もあるので、覚悟が必要です。

保留した結果入社する場合も辞退する場合も、「判断したら即報告」の鉄則を守るようにしましょう。

誠意をもった対応を

内定辞退は誠意をもった対応を

中途採用でも内定辞退は可能とはいえ、少なからず企業には迷惑をかけてしまいます。

内定辞退をする可能性がある場合は、以下の点に気をつけましょう。

 

  • 辞退の連絡ははやめに!
  • まずは電話で連絡
  • 安易に内定を承諾しない
  • 他の企業の結果も待ちたい場合は返事を保留にできるか確認する

内定を出すことは、あなたの能力や経験を評価し、企業に迎え入れようというとても光栄なことです。

転職にあなたの人生がかかっているように、企業にとっても採用の判断には相当な覚悟が伴います。

内定を辞退する際には、自分を選んでくれた企業のことも考えて、誠意をもった対応を心がけましょう。

 

▼転職活動、やっぱり不安…。

「しごと計画学校」では、そんなあなたの転職を全力サポート致します!

【個別相談】でじっくり相談、【セミナー】で情報収集などなど、活用は自由自在♪

 

▼転職についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら