転職エージェントと面談

【面談とは】転職エージェントに会う前に準備したいこと

「自分にはどんな仕事が向いてる?」

「職務経歴書ってどう書くの?」

「とにかく悩みを聞いてほしい!」

そんな時、頼りになるのが転職エージェント。

転職エージェントと行う転職活動では、最初に面談が行われるケースがほとんどです。

実は、この面談がとても重要!

今回は、転職エージェントとの面談に備えてやっておきたいことを解説します。

 

転職エージェントとの面談とは

転職エージェントと面談

転職エージェントを利用する際、まずは担当者との面談が行われます。

面談の目的は、お互いへの理解を深めることです。

転職エージェントは転職のプロですが、あなたに関する知識はゼロ。

まずはあなた自身のことを理解してもらうことが大切です。

興味のあること、得意なこと、職歴やスキル、働き方へのこだわり…。

転職エージェントへの情報提供の場として、様々なあなたの側面を伝えましょう。

それによって、ぴったりなお仕事を紹介してもらえる可能性が高まります。

面談にかかる時間は?

面談にかかる時間は、1時間~1時間半程度が一般的です。

とはいえ、転職エージェントによって重視するポイントは異なります。

簡単に30分程度で終了することもあれば、ひとつひとつを深掘りして2時間程度かかることも。

事前に大体の時間を聞いておくのもおすすめです。

面談の流れ

面談の流れ

転職エージェントとの面談の流れは、以下の通りです。

あくまでも一例ですが、ここに挙げたものは必ず聞かれると思って準備をしておきましょう。

  1. 自己紹介
  2. これまでの職歴共有
  3. 転職理由・キャリアビジョン共有
  4. 勤務条件の確認・優先順位検討
  5. 転職先紹介

1、自己紹介

まずはお互いの自己紹介から始まります。

転職エージェント側からは、サポート内容の紹介や、担当者個人のこれまでの経歴を聞くことができるでしょう。

選考の場ではないので、変に構える必要はありません。

リラックスして話しましょう。

2、これまでの職歴共有

次にこれまでに経験したお仕事内容を共有します。

あらかじめ職務経歴書を作成しておいて、詳細を口頭で補足する形にするとスムーズですね。

携わった業務をできるだけ具体的に挙げ、その結果得られた成果も共有しましょう。

3、転職理由・キャリアビジョン共有

次は、転職したい理由と、これからのキャリアビジョンを共有します。

キャリアアップ?それともライフスタイルの変化?

転職に至った理由やこれからなりたい姿を共有することで、転職の方向性を定めます。

「なにがしたいのかわからない」場合も、正直に伝えてOKです。

面談を進めながら、一緒に探していきましょう。

4、勤務条件の確認・優先順位検討

次に、勤務時間や勤務場所、年収など、働くうえでの条件を伝えます。

すべての条件をクリアするお仕事にこだわりすぎると、選択肢が狭まってしまうので要注意。

ここからが、転職エージェントの出番です。

絶対にゆずれない条件なのか、多少は譲歩できる条件なのか。

ひとつひとつを紐解きながら、優先順位をつけていきます。

5、転職先紹介

ここまでくれば、転職先に求める条件が見えてきます。

転職エージェントからいくつかのお仕事を紹介されますが、すべてに応募する必要はありません。

それぞれの紹介理由を聞いて、興味のある企業を選びましょう。

 

▼なぜこの仕事を!?

お仕事紹介の「変化球」にも理由があります。

しごと計画学校

面談前に!やっておきたい準備

面談準備

転職エージェントは、面談でのあなたのお話をもとにこれからの転職活動を計画します。

その場その場で回答を考えていては、あなたの希望が100%伝わらないかもしれませんよね。

ミスマッチを防ぐためにも、事前準備は欠かせません。

ここからは、面談の前にやっておきたいことをご紹介します。

本音の準備

面談は、あくまでも面談です。

転職エージェントとのお話がそのまま企業に伝わるわけではないので、取り繕う必要はありません。

むしろ、本音をはっきり伝えた方が、あなたにぴったり合ったお仕事を紹介してもらいやすくなります。

とはいえ、前職の愚痴や上司の悪口ばかりでは、先に進めませんよね。

嫌だったこと、つらかったことを話す時は、感情が溢れてしまわないよう練習が必要かもしれません。

本音を伝えつつ、転職に前向きな姿勢を示すことを意識しましょう。

職歴の棚卸

これまで携わってきたお仕事も、重要な情報です。

業種や職種、担当業務、それぞれの実績を整理しておきましょう。

特に、転職回数が多かったり、携わってきたお仕事がばらばらな方

転職の場では不利になってしまうイメージがありますよね。

しかし、ひとつずつ整理していくと、あなたの強みや働くうえで重視しているポイントが見えてきます。

なんとなくでも自分の気持ちを把握できていれば、転職エージェントにも伝えやすくなるでしょう。

希望条件の洗い出し

働き方の希望

業種、職種、勤務時間や福利厚生などの希望条件は、転職先を選ぶにあたって欠かせないものです。

重要な条件をうっかり忘れたり、転職エージェントの意見に流されてしまわないよう、事前に挙げておきましょう。

難しく考えず、気になるお仕事や叶えたい条件を書き出してみてください。

それだけでも、面談でのすり合わせがスムーズになります。

履歴書・職務経歴書の作成

転職エージェントによっては、履歴書・職務経歴書の作成をサポートするサービスもあります。

もちろん、真っ白でも構いません。

しかし、作成するのはあなた自身だということを忘れないようにしましょう。

自分で書けるところは事前に埋めておいて、どうしても難しいところを転職エージェントに聞く。

こうした方が、結果的には時間の短縮になります。

ここぞ!というタイミングを逃さないためにも、転職準備にかける時間は極力短くしたいものです。

 

▼転職エージェントを利用するなら、効果的に!

時間をかけたいのは、履歴書ルールのお勉強?それとも…

転職エージェントへの質問準備

幅広くお仕事を紹介しているところや、専門職に強いところ。

転職エージェントにも様々なタイプがあります。

それによっては、いくら通い詰めても理想のお仕事に辿り着けないこともあるでしょう。

これからの転職活動をイメージして質問事項をまとめておけば、ミスマッチを防げます。

面談の場を利用して、あなたに合った転職エージェントを見極めましょう。

服装・身だしなみ

面談の場でも気をつけるべきなのが、服装と身だしなみ。

相手が転職エージェントだけだからといって、気を抜きすぎるのは考えものです。

「こんな人を企業に紹介するのは嫌だな…」と思われてしまうのは避けたいところ。

スーツ、もしくはオフィスカジュアルくらいのきれいめな服装であれば好印象でしょう。

どちらにせよ、企業との面接にはそれ相応の服装・身だしなみで挑む必要があります。

練習だと思って、準備しておきましょう。

面談に着て行って、「面接も、この服で問題ないですか?」と聞いてみるのもよいですね。

 

▼「しごと計画学校」でも、こんな失敗談がありました…

面接への心構え、あなたはできていますか?

成功が近づく!面談のポイント

面談のポイント

転職エージェントは、あなたの転職活動をサポートしてくれる頼もしい存在です。

理想のお仕事に出会うための第一歩は、転職エージェントに思いを共有すること。

面談は、そのためにあります。

【面談のポイント】

  • 本音で話す
  • 職歴はひとつずつ棚卸
  • 勤務条件・キャリアビジョンは具体的に
  • 書類や服装は本番を意識

これらのポイントを意識して、転職エージェントに会う前に準備をしておきましょう。

転職するのはあなた自身です。

まずは自分自身と向き合う時間を作るところから始めてみましょう。

 

▼働き方に迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼転職・再就職サポート!セミナーはこちらから♪

 

▼転職活動を始めたい方は、こちらもチェック!

>>「しごと計画学校」転職エピソード

しごと計画学校

▼しごと計画学校のTwitterはこちら