適正年収はいくら?市場価値って何?

市場価値を知って納得の転職をしよう!

企業にとって自分はどのくらい魅力がある人材なのか、転職の際にはとても気になりますよね。

一方で、転職したいけど、なかなか自信が持てなくて不安という方もいらっしゃるのでは。

どちらも自分の市場価値を知っていれば、悩む必要はないんです!転職するなら知っておきたい、市場価値についてご紹介します。

 

市場価値って何?

転職の市場価値って何だろう?

あなたの魅力度が分かるもの

市場価値とは労働市場におけるあなたの価値のこと。

人を採用したいと思っている企業にとって、あなたがどのくらい魅力のある人材であるか、という魅力度です。

市場価値を知るには、まず、現在どんな人材が求められているかを知らなければいけません。

企業がどんな人材を求めてるのかが分かれば、その企業・業界での自分の魅力度も客観的に考えることができます。

働きたいと考えている企業・業界が現在どんな人材を求めているのか、事前に知っておきましょう求人誌や求人サイトの求人情報をみれば、企業の求めるスキル・経験が分かるかも。参考にしてみてはいかがでしょうか。

市場価値は変化する

機械やAIの発展で、数年前と比べてビジネスシーンは大きく様変わりしました。そして今後もどんどん変わっていくこととなるでしょう。

ビジネスシーンが変われば、求められるスキル・人材も変わっていきます。

昔は苦手な人の多かったパソコン・インターネットも、現在では使えるのが当たり前になっていますよね。

このように、少し前までは市場で高い評価を受けていたものも、年月を経ればあまり評価されなくなることがあります。

その時にどんなスキル・人材が高く評価されているのか、常にアンテナを張っておくことが重要です。

自分の市場価値は何から分かる?

転職の市場価値は何から分かる?

市場価値にはそれ自体を計る明確な指標はありません。

では、何を通して分かるのでしょうか。3つのポイントをご紹介します。

これまでの経歴・経験

企業は「これまでどんな業務を何年経験したか、どんな業務ができるか」といった点をしっかり見ています。

転職の際に求められやすいのが、多くを教えなくてもすぐにバリバリ働ける、「即戦力」となること。

即戦力となる人材を見つけるために、これまでの経歴・経験はかなり重視します。例えば、営業職を募集している企業にとっては、前職で営業経験があれば即戦力になりそうな人材だと感じますよね。

 

また、これまでの経歴・経験が募集する職種と同じでなくても、評価してもらえることがあります。

例えば、接客のような仕事では高いコミュニケーション能力が重要になりますが、前職が営業の場合、営業先とたくさん話をするだろうということで、コミュニケーション能力が高いとみなしてくれる可能性も。

就きたい仕事とこれまでの経歴が同じでなかったり、転職歴が多くても、その経歴が業務で活かせるようなものなら、評価してもらえる点はたくさんあると思います。

自分の強みとなる点をあきらめずに探してみましょう。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

持っている資格・スキル

市場価値を考える際に一番わかりやすいのが、どんな資格を持っているかということ。

資格は公に能力を認められたうえで付与されるものなので、持っているだけであなたの能力を保証してくれます。

中でも、希少性の高い資格は高く評価されることが多いです。

例えば、普通自動車の第一種運転免許は、多くの人が取得しているので、あまり珍しい資格とは感じないですよね。

それに対し、普通自動車の免許でも、タクシーなどの運転ができる第二種運転免許は、第一種運転免許に比べて取得している人が少ないので、希少性が高いといえます。

このように、取得している人が少ない資格を持っていると、高く評価されやすいです。

 

一方、資格を全く持っていなくても、これまでの仕事で身に付けたスキルを評価してくれることも。

特別な機械が操作できたり、パソコンのツールやソフトが使用できたりといったようなスキルがあれば、企業は即戦力になると判断しやすいです。

特別なものでなくとも、企業が求める人材に当てはまるスキルを持っていれば、それだけで市場価値は高まります。

年齢・性格

年齢ももちろん評価される対象にあります。

単に若ければよいというものでもなく、年齢によって求められるものは異なります。

一生懸命仕事に打ち込み、会社とともに成長できることが求められる20代と、後輩の育成や、業務が円滑に進むよう組織を取りまとめられることが求められる30代では、企業が魅力と判断する部分も大きく異なりますよね。

自分の仕事内容と年齢から、どのようなことが今後求められるようになるかを考えてみると、客観的に市場価値を見出すことができるでしょう。

 

加えて、仕事へどのくらいやる気や熱意があるか、どのくらい一生懸命頑張れるかも重要な評価の対象です。

やはり、仕事をする上で一緒に働きたいと思うのは、一生懸命頑張れる人ですよね。

不真面目だったり、適当にしか仕事ができない人とは一緒に働きたいと思わないものです。

ただ、「やる気があります」と言っても本当かどうかは分かりにくいもの。

なぜやる気があるといえるのか、どのようにやる気があるのか、これまではどのように仕事に取り組んでいたのかを、考えてみるとよいでしょう。

市場価値を知ろう

市場価値から適正年収を知ろう

「若くないから」「転職歴があるから」「特別な資格をもっていなから」など、自分の市場価値が低く転職には不利なのではないかと心配していませんか?

決してそんなことはありません。転職活動で重要なのは企業に「一緒に働きたい。ぜひうちに来てほしい」と思ってもらうこと。

そして「一緒に働きたい」と思ってもらえるきっかけは、これまでに挙げたように色々なものがあります。

どんな経歴の方でも、これまでしっかり頑張っていれば必ず誰に評価してもらえるものはあるはず。

自分のこれまでの経歴を分析し、評価してもらえる点を洗い出してみましょう。

きっとあなたの自信にもつながりますよ。

 

▼「しごと計画学校」ではあなたの市場価値をズバリお伝えします。

市場価値を知らずになんとなく仕事探しを始めてしてしまうと、こんな落とし穴にはまってしまうこともあるので注意が必要です。

 

▼お仕事探しに迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼転職についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら