子どもがいる家での在宅勤務のコツ

子どもがいる家庭での在宅勤務!ストレスを溜めない工夫とは

新型コロナウイルスの流行により、テレワーク・リモートワークと呼ばれる働き方に注目が集まりました。

出張や転勤がなくなった、突然在宅勤務になったという方も多いのではないでしょうか。

今回は、子どものいる家庭での在宅勤務にスポットを当て、これからの働き方について考えてみましょう。

 

在宅勤務とは

在宅勤務とは

テレワーク・リモートワークなどと呼ばれる「会社ではない場所で働く」働き方は様々です。

今回取り上げる在宅勤務は、基本的には企業に就職していて、勤務場所が自宅である状態を指します。

もともと働き方の形としてあったものですが、新型コロナウイルスの流行によって導入を始めた企業も多いようです。

在宅勤務のメリット

在宅勤務のメリットは、なんと言っても通勤をしなくてよいことでしょう。

満員電車に揺られたり、車を運転したり…。

勤務先によっては、通勤に何時間もかかってしまうこともありますよね。

毎日通勤にかかる時間をムダだと感じている方にとっては、在宅勤務はとても魅力的な働き方です。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務のデメリットは、メリハリをつけづらいというところでしょう。

究極のリラックス空間・自宅。そのうえ監視の目もありません。

そんな場所で働くのは案外大変です。

様々な誘惑があるなか、きっちり「お仕事モード」に切り替えるには強い意思が必要になるでしょう。

在宅勤務は事前準備も必要!

在宅勤務を行うには、パソコンやネット環境などの事前準備が必要です。

場合によっては初期費用がいくらかかかってしまうことを念頭に置いておきましょう。

また、長時間座って作業をするにはイスやテーブルにも工夫が必要かもしれません。

仕事をする空間をきちんと整えることで、快適に働くことができますよ。

自宅で両立!?仕事と子育て

子どもがいる家での在宅勤務のコツ

子どもがいるご家庭では、在宅勤務もひと苦労。

様々なトラブルが発生し、仕事にも子育てにも集中できない!という事態に陥ってしまうママさんが続出しています。

ここからは、子どもがいるご家庭での在宅勤務中に起こりがちな問題と解決策について考えてみましょう。

家事・子育てとのバランス

家にいると、洗い物や洗濯物などなにかと目については気になってしまいますよね。

それだけでなく、会社にいれば近所のコンビニで済んでいたはずのお昼ご飯も、子どもの食事の準備をして食べさせて、後片づけまでやるとなっては大変です。

会社という「働く」空間での仕事は、まさしく「働く」ことだけを考えて過ごせるというメリットがありました。

日々の生活と仕事を同じ空間で両立するのは体力的にも精神的にも非常に難しいものです。

パートナーや両親など、近くに頼れる人がいるならば、家事や子どものお世話を任せたり交代制にするなど、なにもかもをひとりで背負ってしまわない環境を作れるようにしましょう。

勤務スペースの確保

子どもの年齢にもよりますが、可能な限り仕事に集中できる環境を作るようにしましょう。

ある程度目を離しても大丈夫な年齢であれば、「仕事中は立ち入り禁止!」な部屋を決めてこもってしまうのが理想的です。

しかし、実際は何時間も子どもが視界に入らないと心配になってしまいますよね…。

どの程度子どもから距離をとるか、判断が難しそうです。

子どもに「仕事中」を分かってもらう

同じ空間にいると、どうしても子どもからの「かまって攻撃」を受けてしまうものです。

パソコンなどの仕事道具を触られたり、WEB会議中に乱入してきたり…。あまり頻繁だと仕事に支障が出てしまいます。

ある程度は仕方がないものですが、仕事に集中できないのも困りもの。

まずは仕事中は一緒に遊べないことを分かってもらえるように話してみましょう。はじめは難しいかもしれませんが、徐々に理解してくれることもあります。

子どもを退屈させない工夫

「お母さんは仕事だからね!」と言って子どもを遠ざけるも、ほんの少しの罪悪感…。

在宅勤務一番のストレスは、この子どもとの距離感にあります。

仕事に集中しなければならないからといって、子どもにばかり我慢させるのも心苦しいですよね。

子どもに言うことを聞かせるという意識ではなく、退屈せずに一緒に過ごせる方法を考えてみるとよい関係を築けるかもしれません。

子どもが夢中になれそうなものを探したり、計算ドリルやパズルなどの課題を与えて「一緒にお仕事がんばろうね!」という設定にしたり、工夫してみましょう。

しごと計画学校

うまくいかない時もある!

特に子どもが小さかったり、日中頼れる大人がいないご家庭では、うまくいかないこともあります。

「子どもを叱りすぎてしまった…」「全然仕事に集中できなかった…」など、たくさんの後悔が降り積もり、やがては大きなストレスとなってしまいます。

子どもが通う学校の休校や長期休暇などで1日中一緒の空間にいなければならない期間は特に、思いつめてしまいがちです。

気持ちが折れてしまわないように、すべてを完璧にしようと思わないことも大切です。

「こんな日もあるよね!また明日がんばろう」くらいの気持ちでいましょう。

これ以上はむり!と思ったら、ベビーシッターなどの利用を検討してもよいかもしれません。

ストレスを溜めすぎない!

子どもがいる家庭でも在宅勤務を楽しく!

在宅勤務は、通勤というロスタイムをなくすことができたり、他人の存在を過度に気にすることなく働けるというメリットがあります。

しかし、子どものいるご家庭では、それ以上に大変なことがたくさんあります。

ただでさえ難しい仕事と子育ての両立。それを同じ空間で行おうというのですから、うまくいかなくて当然です。

あまり思いつめすぎず、「こういうものなんだなあ」という気持ちで向き合っていきましょう。

つらい時には、誰かに相談することも忘れずに!

 

▼働き方について迷ったら、「しごと計画学校」へご相談ください!

理想のお仕事やお悩みに寄り添いながら、あなたのこれからを一緒に考えます!

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼これからの働き方についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

しごと計画学校

 

▼しごと計画学校Twitterはこちら