自己分析が転職成功の秘訣!やり方と3つのメリット!

「転職しよう!」と決めたそこのあなた。

突発的な勢いで乗り切ろうとしていませんか?

転職を成功させるためには、自己分析がとっても重要なんです!

転職を失敗させない自己分析のやり方と、自己分析をする3つのメリットを解説します。

 

自己分析をするメリット

転職のために自己分析をするメリットとは?

そもそも自己分析が何かご存知ですか?

自己分析とは、その名の通りに「自己」を「分析」し、自分がどんな人間であるのかを明らかにするメソッドです。

特に学生の就職活動において、自己分析はかなり重要視されています。

では、なぜ転職に自己分析が、自分がどんな人間であるかを理解する必要があるのでしょうか。

それは次の3つのメリットがあるからなんです。

自分の長所・短所が明確になる

自己分析を進めていく中で、「自分がどんなことができるか、どんなことが苦手か」といった点を考えます。

そのため、自分の長所・短所が明確になります。

「自分には長所なんてない…」と思っていても、自己分析をしてみると予想外な長所が見つかった!なんてこともあるかもしれません。

また、それぞれ深く掘り下げて分析していくので、長所・短所を言葉で説明しやすくなり、面接の際の受け答えの材料とすることができるのもメリットの1つです。

自分に合った仕事・働き方が分かる

自己分析では自分の仕事観についても掘り下げて考えます。

例えば次のようなもの。

  • なぜ転職しようと思ったのか
  • 今の会社の何に満足していて、何に不満を感じているか
  • 転職後はどんなことをしたいか

その結果導き出されるのは、「自分が仕事に対して何を求めているか」

客観的に深く考えることで、自分では気づいていない、潜在的な仕事観も見つけることができます。

そして、その仕事観をもとに仕事・働き方を選ぶことで、自分に合った仕事選びが可能になります。

自分に合う仕事や働き方を選ぶことができれば、「入社してみたけどなんだか思っていたのと違う…」といった仕事とのミスマッチも起こりにくく、満足のいく転職をしやすくなります。

自分の価値観を言語化できる

自己分析では、仕事・プライベートを問わず「自分がどういった人間なのか」「どんな価値観を持っているのか」を、客観的に考えていくことになります。

自分の価値観が分かっていれば、それにあった仕事選びができますので、より満足のいく転職活動ができやすくなります。

また、「仕事をするうえで何に価値を見出しているのか」、「どんなことが頑張れる、やる気が出る、楽しいのか」「仕事と人生をどんなものにしたいのか」といったことを自分の言葉できちんと説明できるようになるので、面接で自信を持って受け答えすることができますよ。

転職のための自己分析のやり方

転職における自己分析のやり方とは?

自己分析のやり方は多々ありますが、3つの軸に沿って分析していくと、自分を深く知ることができます。

ポイントは「具体的に考える」ことと、「自分を客観的に考える」ということです。

これまでのキャリアを振り返る

まずは、これまでのキャリアについて振り返りましょう。

次の4つのステップで進めると振り返りやすいですよ。

1.いつどんな業務をしたか

これまで担当した業務やプロジェクトを考えていきます。

大きなものでなくても構いません。

自分が頑張ったものを具体的に挙げてみましょう。

2.その業務のどんなことを頑張ったか・工夫したか

その業務の中で頑張ったことや、工夫したことを思いつく限り挙げてみてください。

具体的であればあるほどよいです。

自身の頑張りや仕事への取り組み方、仕事をするときのものの考え方等を客観的に見ることができます。

3.その業務の中でやる気が出たできごと、やる気が下がったできごと

その業務を行う上で、やる気が出たできごとや、反対にやる気が下がってしまったできごとを具体的に挙げてみましょう。

可能であれば時系列に沿って挙げてください。

この作業を通じて、自分がどんな時にやる気が出て、どんな時にやる気が出なくなってしまうのかという、性格の傾向を理解することができます。

4.その業務を通じてどんな能力・スキルを身に付けたか

その業務を通じてできるようになったこと、知識・理解が深まったこと、精度が上がったことなど、自分が成長したなと感じる部分を具体的に挙げてみましょう。

小さなことでも構いません。

 

以上の4つのステップで自分のキャリアを振り返ります。

自分のキャリアを振り返ることで、これまでの仕事の取り組み方・頑張り方や、自身の長所・短所などが明らかになります。

これは履歴書や面接での志望動機・自己PRに盛り込むことができますよ。

年表形式でリストにまとめると、長いスパンで見た自分の成長過程を客観的に見ることができるのでオススメです!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

なぜ転職するのかを整理する

なぜ転職するのかを整理・分析する

つぎに、自分がなぜ転職するのかを整理します。

これまでに勤務した会社・仕事の「良かった・満足した点」と「悪かった・不満な点」を挙げてみましょう。

どちらも複数挙げられるのではないでしょうか。

良かった点・悪かった点が出そろったら、それぞれ最も良かった点・最も悪かった点から順にランキングにしてみましょう。

この作業を通じて「何が原因で」「何を求めて」転職をするのかが明確になります。

順位をつけているので、どれが自分の中で最も譲れないものなのかも明確に。

この転職する理由が明確になれば、転職活動で重視するポイントも分かってきますので、仕事選びがしやすくなりますし、希望に合った仕事を見つけられる可能性が上がります。

また、これがきちんと整理できていると、面接の際などに転職する理由や次の仕事に求めているものをきちんと言葉で説明しやすくなるのでメリットが大きいです。

自分のしたいことを明確にする

自分が転職後にどんなことがしたいかを明確にしていなければ、満足のいく転職はできません。

自分がどんなことをしたいのかを突き詰めて考えてみましょう。

1.どんな仕事をしたいか

まずはどんな仕事をしたいかを考えてみましょう。

仕事内容や仕事とのかかわり方など、些細なことでも構いませんので思いつく限り挙げていきましょう。

そして、仕事へ対する希望がリストアップできたら、その中で順位をつけてみましょう。

自分が挙げたものの中でも優先順位が明確になるので、仕事選びのもとにしやすくなります。

2.今後の人生をどのようなものにしたいか

仕事とプライベートは別もののように思えますが、両方が影響しあって人生が成り立ちます

仕事を考える上で、今後のライフプラン、プライベートでしたいことも考える必要があるのです。

次のようなことについて、思いつく限り挙げてみましょう。

  • プライベートで続けたい趣味はあるか
  • どんなワークライフバランスで働きたいか
  • 5年後、10年後の将来をどのようにしたいか
  • 独身の場合、家庭・子どもを持つならどのようにしたいか

小さなことでも構いませんので、なるべく具体的に考えると、より今後の人生を考えやすくなるでしょう。

 

「これまで自分の将来について深く考えたことがなかった」という人も、1.と2.のステップを通して、自分が将来どうしたいかという希望が明確になると思います。

仕事を選ぶ際は、その希望になるべく合うものを選ぶと、満足のいく転職ができる可能性が上がります。

また、自分のしたいことが明確になっていれば、面接などの自己PRで説得力のある受け答えができるようになるので一石二鳥ですよ。

自分をしっかり理解して満足のいく転職を

自己分析をしっかりして満足のいく転職をしよう

自分を客観的に見ることが、転職活動をする際に最も重要なことです。

自己分析は一見すると難しいことのようですが、段階を踏んで少しずつ洗い出していくと、しっかり自分を知ることができます。

人は「自分はこういう人間だ」と思いこみをしやすいものですが、自分を客観的に見ることができれば、自分の本当の姿が見えてくるはずです。

自分の思いもしなかった一面も見えてくるかもしれません。

 

▼自己分析でスマートな転職を!

たくさんの情報があふれる現代、仕事探しもひと苦労ですね。

「自分」を知っているかどうかは、情報収集に大きく影響しますよ。

仕事探しの第一歩は自己分析!

その理由をアドバイザーが解説します!

 

▼お仕事探しに迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼「転職」についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら