子連れ出勤とは

「子連れ出勤」はピンチを救う?メリットと課題を解説

妊娠・出産を経て職場復帰。

子育てと仕事との両立に難しさを感じることも多いでしょう。

そんななか、政府による「子連れ出勤」推奨が話題になりました。

たくさんの意見が飛び交いましたが、もしもの時に頼れる手段としても注目を集めています。

今回は、そんな「子連れ出勤」のメリットや課題について考えてみましょう。

 

「子連れ出勤」推奨の背景

子連れ出勤のメリットと課題

妊娠、出産、保育園探し、そして職場復帰という流れが一般的になりつつある現代ですが、子育てをしながら仕事をするのは簡単ではありません。

当然のことですが、しばらくは子ども中心の生活になっていきます。

共働きがスタンダードになりつつあるからこそ、子どもができた後の働き方を事前に検討しておくことが大切です。

「できるだけ産前と変わらない環境でバリバリ働きたい」「しばらく休みたいけど家計を考えるとそうもいかない」など、まずは仕事に対する思いや緊急性を整理しましょう。

働き方のビジョンが見えたら、親が働いている間子どもをどうするかを考え、家族で話し合うことが大切です。

恐らく、この段階で多くの方が「子どもの預け先がないので理想の働き方を諦めなければならない」という事態に直面するでしょう。

職場復帰の時期と子どもの預け先

子どもの預け先は、これからの働き方を決める際に大きく影響します。

どれだけ働きたい気持ちがあっても、子どもの預け先によって職場復帰の時期や勤務時間が左右されることになるのです。

まず、産後すぐに職場復帰をしたい場合、基本的には保育園に預けることが大前提になります。

すぐに預けられればよいですが、待機児童の問題があるように、簡単に保育園が見つからないのが現状です。

預け先が見つからなければ、育休を1年延長するなどして職場復帰を遅らせなければならないかもしれません。

一方、まずは子育てに専念し、幼稚園・小学校に通い始めてからの職場復帰を考えている場合も注意が必要です。

保育園のように「預け先が見つからない!」ということはありませんが、幼稚園・小学校には夏休みなどの長期休暇があります。

学童などのサービスを利用できる場合はよいですが、そうでない場合は日中誰かが子どもと一緒にいられる体制を整えなければなりません。

「保育園に預けることができた」「同居の両親に面倒を見てもらえる」という状況であっても、いつどんなことが起こるかわかりません。

このように、どの道を選ぶにしても、「子どもの預け先がない!」というピンチに陥る可能性があります。

「子どもさえ預けられればいくらでも働けるのに!」

そんな時のサポートのひとつとして、「子連れ出勤」が注目されているのです。

「子連れ出勤」の目的

子連れ出勤の目的

仕事の面から考えるとあまりメリットがないように思える「子連れ出勤」ですが、近年はこの制度を導入する会社が増えてきています。

その目的は、出産・育児を理由に優秀な人材が離職してしまうのを防ぐためというのが大きいでしょう。

核家族化や待機児童問題などにより、いくら産休・育休制度が充実していても働き続けることができないという状態が多く見られるようになりました。

そのような事態に陥っても、「もしもの時は子どもを連れてきても大丈夫」という環境の会社であれば、働き続けるハードルがぐっと下がりますよね。

「子連れ出勤」の形式

「子連れ出勤」と言っても、会社によって形式は様々です。

ここでは、代表的なものをいくつかご紹介します。

  • 社内に託児所が完備されている
  • 子どもが遊ぶスペースが勤務フロアに設置されている
  • 隣のデスクなど働く社員と同じ場所に子どもがいる

託児所が完備されている場合

働くスペースとは別に託児所がある場合、子どもと一緒に通勤をするという以外はあまり変化なく仕事をすることができます

働いている間は保育士さんにお任せすることになるので安心です。

ただし、託児所の利用には別途料金がかかる可能性があるので注意しましょう。

勤務フロアに子ども用スペースがある場合

託児所としての施設はないが、子どもを遊ばせておくスペースが別途設けられている場合もあります。

目の届く範囲にいるので、なにかあった際にはすぐに対応することができます

保育士がいるところもあれば、子育てを経験した社員同士が交代で面倒を見る形式のところもあります。

子どもが働く空間にいる場合

デスクの近くにベッドがあるなど、みんなが働く空間に子どもがいるという形式のところもあります。

子どもが小さければだっこしたまま仕事をしたり、幼稚園・小学校に通い始めた頃なら隣のデスクで宿題をさせておくなど、年齢によって様々な働き方が考えられます。

この形式の場合、一緒に働く同僚への影響も大きいため、気を遣わなければならない場面がたくさん出てくる可能性があります。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

「子連れ出勤」のメリット

子連れ出勤のメリット

「働きたくても働けない」からの脱却

子どもの預け先がないことによって、職場復帰を諦めざるを得ない方は多くいらっしゃいます。

「出産したら職場復帰する予定だったのに保育園が見つからない」などの問題が発生した際、「子連れ出勤」ができる環境であれば離職せずに済みます。

突然の「困った!」に対応できる

子どもの預け先が決まっていても、いつも安心とは限りません。

長期休暇などで幼稚園・小学校に預けられないことがあったり、なんらかの事情で子どもと家にいるタイミングで出勤をしなければならないこともあります。

有給休暇にも限りがありますし、親や親戚を頼れる状況ばかりではありません。

ベビーシッターを頼むにしても、信頼できる相手を探すのもひと苦労。場合によっては非常に高額になることもあります。

このようなやむを得ない状況に陥った時、最終手段として「子連れ出勤」を選択できると思えば、ほんの少し気が楽ですよね。

送り迎えの負担なし

「子連れ出勤」ができれば、毎日の送り迎えの必要がなくなります

仕事の前に保育園に預けて、仕事が終わればばたばたとお迎えに行く、といった精神的・肉体的疲労の軽減が期待できます。

「子連れ出勤」の課題

子連れ出勤の課題・デメリット

同僚たちの理解を得られるか

「子連れ出勤」は当事者だけの問題ではありません。

職場に子どもがいると、良くも悪くも働く環境は大きく変わってしまいます。

大切な仕事をしている時に子どもの大きな声が聞こえたらどうでしょう。

重要な書類を汚してしまったら?パソコンを触ってしまったら?

職場に子どもを連れて行くリスクは非常に高く、慣れるまではママさんも気が気ではありません。

また、会議などで自分がいない間は同僚に子どもをみてもらう必要があるかもしれません。

そういった場合に快く対応してもらえる環境かどうかも重要です。

子育てを経験したママさん、子どもが苦手な方、子どもを授かれず悩んでいる方…。職場には様々な方がいます。

それに、まだまだ「子連れ出勤」は一般的な勤務スタイルとは言えません。

会社の制度として「子連れ出勤」がOKであることと、実際に働く現場がウェルカムな雰囲気であることはイコールではないという認識をしておく必要があります。

満員電車に子どもを乗せる?

子どもを連れての通勤にも課題が残ります。

満員電車に子どもと乗るのは心配ですよね。

通勤ラッシュを避けた時間帯での出勤が可能かどうかという点も、「子連れ出勤」実現のカギになりそうです。

仕事内容との兼ね合い

「子連れ出勤」OKの会社が増えつつあるとはいえ、職種や立場によっては難しいこともあります。

現状、工場や飲食店、接客業などでは導入が難しいとされているようです。

そのため、「子連れ出勤」を条件とした仕事探しはまだまだ難しい段階にあると言えます。

「子連れ出勤」も選択肢に

子連れ出勤も選択肢に

出産後の職場復帰には、子どもの預け先がどこになるかが大きく影響します。

子どもを預けられないことによって「働きたくても働けない」状態に陥ってしまうのは、とてももったいないことです。

「子連れ出勤」は、そんな「働きたくても働けない」ピンチを救うひとつの手段。

まだまだ課題も多いですが、子育てと仕事の両立を支える制度として頭の片隅に置いておきましょう。

困った時にはきっとあなたの力になってくれますよ。

自分が働く会社で「子連れ出勤」が導入されることになった際にも、協力し合って誰もが働きやすい環境作りに努めましょう。

 

▼子育てと仕事の両立についてもっと知りたい方はこちらをチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

 

▼しごと計画学校Twitterはこちら