転職と後悔

「転職して後悔!」をなくすには?事前準備と対処法

「転職して後悔した!」そんな経験はありませんか?

もしくは、「後悔しそうで転職に踏み出せない…」と悩んでいる方も多いかもしれませんね。

今回は、転職後の後悔をテーマに、これからの転職活動を考えてみましょう。

 

転職を後悔してしまう理由

転職と後悔

転職するからには、理想の働き方を実現したいですよね。

しかし、いざ働き始めてみると「なんだか思っていたのと違う…」と感じてしまうことがあります。

まずは、どうして後悔が生まれてしまうのかを考えてみましょう。

転職理由が「辞めたい」だけ

「とにかくこの仕事を辞めたい!」

それだけが転職理由という方は少なくないでしょう。

しかし、転職さえできればなんでもよいというわけではないはずです。

「辞めたいから」という理由だけでは、自分に合った転職先を選ぶことはできません。

転職の理想をしぼれない

こんな仕事がしたい、こういう働き方がしたい、お給料はこのくらいほしい…。

などなど、理想を挙げるときりがないですよね。

しかし、すべてが叶う仕事というのはなかなか見つからないもの。どこかで諦めなければならないものが出てきます。

頭に浮かぶ理想をそのままにしていると、自分にとって本当に大切にしたいことがなにか判断できません。

そのままよく検討せずに妥協することで、場合によっては大きな後悔につながってしまうのです。

求人広告しか見ていない

転職先を選ぶ時には、求人広告を見ますよね。

もちろん大切な情報源ですが、それだけで決めてしまうのは危険です。

どんな商品・サービスを提供しているのか、どのような方針を持っているのかなど、企業そのもののことも調査しておかないと、結局居心地の悪い思いをすることになります。

さらに、細かな仕事内容や昇給システムなど、聞かないと教えてくれないこともあるのが現状です。

「転職初日から既に後悔!」という最悪の事態は、大抵情報収集不足によって起こっています。

転職で後悔しないためには?

転職で後悔しないためには

それでは、転職を後悔しないためにはどうすればよいのでしょう。

転職を後悔してしまうポイントの多くは、事前準備のなかにあります。

なかでも重要なのは、自己分析と企業研究です。

転職理由をはっきりさせよう!

まずは転職理由をはっきりさせるところから始めましょう。

「なぜ転職したいのか?」を言葉で説明できるようにしておくだけでも、後悔のない転職がぐっと近づきます。

ここで活躍するのが自己分析です。

順を追って自分自身をひも解いていきましょう。

退職を選ぶ前に

後悔しない転職を実現するための最初の一歩は、退職を選ぶ前にじっくりと考えることです。

結婚や介護などによってライフステージが変わると、生活のサイクルも変わります。

そうすると、「この仕事は続けられない!」とすぐに退職を選んでしまいがちです。

しかし、転職が今よりも働きやすい環境につながるとは限りません。

まずは、勤務時間など変更できる余地はないか、利用できる制度はないかなど、今の職場のままできることを探してみましょう。

転職活動を続けるうちに、「今の職場にいる方が働きやすい!」ということに気づくこともあります。

退職を選んで本当に後悔しないか?を事前にしっかり考えておくことが大切です。

退職理由を整理する

退職することを決めたら、退職理由の整理を始めてみましょう。

まずは「辞めたい」と思ったポイントをひとつずつ挙げて、その理由を深掘りします。

例えば、子育てが始まったばかりのママさんの場合。

  • 時短勤務にして○時には会社を出たい
  • フルタイムでもOKだが、残業が続くと家事に手が回らない
  • 育休などの待遇があまりよくない
  • 同じ境遇のママさんが職場にいなくて精神的につらい

このように、退職理由には「これからはこうしたい」のヒントが隠れているのです。

退職理由を具体的に挙げることができれば、転職に求める条件も設定しやすくなります。

転職で改善したいことを明確にする

退職理由が整理できたら、転職で改善したいことが見えてきます。

先程挙げたケースで言うと、改善したいのは「子育てと仕事との両立」のようですね。

転職さえできれば状況が改善されるわけではありません。

なにを、どういう風に変えたいのか、細かい部分まで具体的に考えておくことが肝心です。

「転職の軸」を決める

後悔が生まれてしまう理由として、転職活動の際に重要な「転職の軸」が決まっていないことが挙げられます。

「転職の軸」とは、仕事探しをするうえで「これだけは外せない!」という条件のことです。

まずは、理想の仕事条件に優先順位をつけることから始めましょう。

「子育てと仕事との両立」がうまくいかずに退職を選んだ今回のケースで言うと、このようなイメージです。

まずは退職理由をもとに理想の仕事条件を挙げていきます。

  • ○時には会社を出たい
  • 時短勤務もしくは残業なし
  • 育休などの待遇が充実しているところがよい
  • 同じ境遇のママさんが職場にいてほしい

ここからは、重要視したい条件をしぼる作業です。

例えば、「○時には会社を出たい」という条件が一番重要だと思ったら、勤務時間が「転職の軸」ということになりますね。

「どれだけよい条件でも、これがクリアできないとダメ!」というものをはっきりさせておくのがポイントです。

しごと計画学校

事前の情報収集が肝心!

後悔しない転職は情報収集から

企業研究をする

「転職の軸」が決まったら、本格的に転職先探しを始めましょう。

転職の明暗を分けるカギとなるのは事前の情報収集です。

求人広告だけでなく、HPなども確認してしっかりと企業研究をしておきましょう。

さらに、同じ業界の似たタイプの企業、いわゆる同業他社についても一緒に調べておくのがおすすめです。

仕事内容や勤務スタイルを比較することで、よりいっそう理想の働き方が想像しやすくなりますよ。

職場見学をしておく

実際の勤務の様子は、職場を見てみないとわからないものです。

転職前に職場のおおまかな雰囲気を掴んでおくと、実際に働く姿を具体的にイメージすることができますよね。

お客さんとしてお店に訪れてみたり、職場見学をお願いしてみるなど、事前に確認する姿勢を持っておきましょう。

疑問は事前に解消しておく

情報収集をしていくと、具体的なイメージができていく反面、疑問点もたくさん浮かんでくるはずです。

どうして同じような仕事内容なのにこんなにお給料が違うの?「勤務時間は応相談」ってどこまでOK?などなど…。

事前に幅広い情報を知っているからこそ、疑問点に気付くことができます。

面接などの際に疑問を解消しておけば、「こんなはずじゃなかった!」という後悔をしなくてすみますよ。

それでも後悔したらどうする?

転職を後悔したらどうする?

どれだけ事前に準備をしても、後悔してしまう瞬間が訪れることはあります。

しかし、すぐに退職してしまうと後の転職活動にも響いてしまうので、衝動的に辞めてしまうのはおすすめしません。

まずはやってみる

初めての仕事は思い通りにいかないものです。

「できない!」「やりたくない!」と投げ出してしまう前に、「まずはやってみる」という気持ちを忘れないようにしましょう。

ある程度ペースが掴めたら楽しくなってくるかもしれませんよ。

聞いていた話と違う!

いくら事前に確認していても、実際に働き始めてみないとわからないことはたくさんあります。

「イメージしていた仕事と違う!」「思っていたより忙しい!」というギャップは、転職にはつきものです。

しかし、なかには明らかな説明不足や、ごまかしがあったのではないかと思えてしまうケースもあります。

休暇がとれない、仕事内容が求人広告の記載と違うなど、働き続けるのが難しい点については、人事部や上司に相談してみてください。

「まずはやってみる」気持ちは大切ですが、無理をすることはありません。

納得の転職へ!

後悔しない転職のために

転職を後悔してしまう原因の多くは、事前準備の不足です。

まずは自分自身のことを知り、それから企業のことを知る。

それらができてはじめて、納得の転職ができるのです。

後悔のない転職を実現するために、自己分析から始めてみましょう。

 

▼「しごと計画学校」で一緒にがんばりましょう!

自己分析って案外ひとりでは難しいもの。

そんな時は転職エージェントを頼ってみましょう。

「しごと計画学校」でも、あなたの転職をサポートするサービス満載でお待ちしています♪

自己分析から履歴書・職務経歴書作成、面接同行も!詳しくはこちらから♪

 

▼転職・再就職サポート!セミナーはこちらから♪

 

▼転職の準備を始めたい方は、こちらもチェック!

しごと計画学校

▼しごと計画学校Twitterはこちら