派遣のメリット・デメリットトップ

派遣社員として働くメリット・デメリット

お仕事探しの候補として派遣を視野に入れている方は少なくないでしょう。

正社員ともパートとも違う、派遣という働き方。それは本当にあなたに合った働き方なのでしょうか。

派遣社員として働くメリットやデメリットを見直し、あなたのニーズに当てはめて考えてみましょう。

 

派遣社員の特徴・働き方

派遣社員とは

まずは、派遣社員の働き方について簡単にご紹介しましょう。今回は、一番メジャーな一般労働者派遣(登録型派遣)に絞って説明します。

派遣社員として働くと決めたら、まずは派遣会社に登録するところからスタートです。

するとあなたのお仕事探しをサポートしてくれる担当者がつくので、経歴やスキルなどあなた自身の情報と、勤務時間や日数などあなたがお仕事に求める条件を伝えましょう。

それらの登録情報をもとに、担当者が派遣先企業を探してくれます。

また、雇用主が実際に勤務する派遣先企業ではなく派遣会社であることも大きな特徴です。

そのため、勤務条件などの交渉は派遣先企業に直接行うのではなく、派遣会社があなたの代わりに行ってくれます。

また、雇用契約は派遣先企業が決定したタイミングで結ぶことになりますが、派遣先企業が変わる度に結びなおす必要があるので注意しましょう。

派遣のメリット

派遣社員で働くメリット

期間限定で働ける

派遣は3ヶ月ごとに契約更新をするのが一般的です。勤務を続けるかどうかを短いサイクルで考えることができますね。

次のお仕事を見つけるまでのつなぎとして働きたい、といった短期間での勤務を希望する方にとっては大きなメリットとなります。

大切なのは、担当者にきちんと勤務期間の希望を伝えておくことです。

企業側にも派遣社員の働き方への希望があることを忘れてはいけません。

長期で働いてもらうつもりの企業に派遣されてしまっては、ゆくゆく気まずい思いをすることになってしまいますよ。

短期間で辞める予定なのであれば、繁忙期だけ働いてほしい、入社予定の社員が来るまでの期間手助けをしてほしい、など契約期間がきちんと決まっている企業を探してもらうとよいでしょう。

いろんな企業・職種に挑戦できる

同じ企業に勤務できる期間は最長で3年間。正社員では短期間に職を転々とするのは難しいものですが、派遣社員であれば短いスパンで契約更新のタイミングがきます。

そのため、契約期間を満了すれば気兼ねなく退職できるのが大きなメリットです。いろんなお仕事に挑戦してみたい方にとっては、期限付きのお仕事は魅力的ですよね。

また、派遣社員を募集する企業のなかには、正社員として入社するのは難しいような大企業も多くあります。その上未経験者歓迎の場合が多いので、憧れの企業・職種への就職も夢ではありません。

派遣会社の担当者と相談できる

派遣会社に登録すると、担当者がつきます。勤務できない曜日や外せない勤務条件など、お仕事の希望を担当者にあらかじめ伝えておくことで、数あるお仕事の中からあなたに合ったお仕事を探してもらうことができるのです。しっかり打ち合わせをしておけば、ミスマッチを未然に防ぐこともできます。

「お仕事の探し方がわからない」「勤務条件などを上司に直接相談するのは苦手」という方にとって、優しく寄り添ってくれる担当者の存在は最大のメリットと言えるでしょう。

お仕事が始まってからも、困ったことやつらいことがあれば親身になって相談に乗ってくれるので安心して働けますよ。

時間に余裕がもてる

契約する前に勤務時間の相談をしておけば、基本的にはその契約時間を超えての業務はありません。契約条件によりますが、残業を断ることができる場合も多いので時間の融通がききやすい働き方と言えるでしょう。

子育てやプライベートと両立したい方にとっては、自分の時間をきちんと確保できるのは大きなメリットになります。

理想の働き方を実現させるためには、派遣先企業を決める前に担当者にしっかり希望を伝えておくことが大切です。

条件を満たせば社会保険に入れる

派遣は人それぞれ契約内容が違うので一概には言えませんが、条件さえ満たせば派遣社員でも社会保険に入ることができます

 

  • 雇用期間が2ヶ月を超える、またはその予定
  • 労働日数が1ヶ月の所定労働日数の3/4以上になる、または1週間の労働時間が所定の労働時間の3/4以上になる

などが社会保険の加入条件として挙げられています。

あなたの契約内容が条件を満たすかどうか、派遣会社の担当者に確認してみましょう。

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

派遣のデメリット

派遣社員で働くデメリット

雇用が不安定になりがち

企業において派遣社員は立場が弱いというのが最大のデメリットです。企業が人員整理をする場合、真っ先に解雇の対象になるのは派遣社員だと考えておきましょう。

最長3年働けるといっても、それまでずっと契約を更新してくれるという保証はありません。契約を更新してもらえず、意図せぬタイミングで無職になってしまうことも視野に入れておくことが大切です。

派遣社員はスムーズに就職できることが多い反面、自分の意思で退職時期を決められない場合があります。

想定していた期間いっぱい働けるかどうかがわからない不安定さがあるので、将来の予定が立てづらい働き方でもあることを頭に入れておきましょう。

スキルアップにつながりにくい

様々なお仕事に挑戦できる派遣ですが、ひとつの職場に長くいることはできません。そのため、大きなお仕事を任せられることはほとんどないと考えておきましょう。

やりがいやスキルアップを求める方にとっては、物足りなく感じてしまうこともあります。また、いくら様々な経験を積んでも、派遣という雇用形態であることを理由に経歴として認められないこともあるので注意しましょう。

待遇に大きな違いがある

正社員を雇用するのは実際に働く企業、派遣社員を雇用するのは派遣会社。当然、正社員と派遣社員には待遇の違いが生じます。

たとえば、派遣社員にはボーナスや交通費の支給がない場合がほとんどです。雇用形態が違うだけでお仕事内容は正社員と変わらないという方にとっては、不満を感じてしまう要因となるでしょう。

派遣社員はどんな人に向いている?

派遣社員に向いている人は?メリット・デメリットで見る

ここまで派遣社員として働くメリット・デメリットを紹介してきました。このことを踏まえると、このような方が派遣に向いていると言えるでしょう。

 

  • 短期で働きたい
  • いろんなお仕事を経験したい
  • ひとりでお仕事探しをするのは不安
  • お仕事の不安を相談しながら働きたい
  • 重い責任を背負わずのびのび働きたい
  • プライベートを充実させたい

あなたはお仕事選びの時、何に注目していますか?ここに挙げたもののなかにあなたの注目ポイントがあれば、派遣社員に向いているかもしれませんよ。

次のお仕事をお悩みの方は、派遣社員も検討してみてはいかがでしょう。

 

▼結局どうしたらいいの!?

派遣のメリット・デメリットを一通りご紹介してきましたが、余計わからなくなってしまった…という方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、アドバイザーが解説します!

たくさんの情報のなかから必要なものを選び取るコツをつかみましょう!

 

▼お仕事探しに迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼働き方で迷ったら、こちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら