転職活動に疲れた時

転職活動に疲れた時の理由別対処法

「もう、転職活動に疲れた」

転職活動を進めていくなかで、多くの方がぶつかってしまうこの問題。

転職はしたい、でももう疲れて動けない…。

今回は、そんな時に思い出してほしいことと、なるべく疲れないで転職活動をしていくコツをお伝えします。

 

転職活動に疲れた!理由別対処法

転職活動に疲れた時

転職活動は、精神的にも肉体的にもストレスがかかるものです。

「疲れたな」と感じることも多いでしょう。

はじめのうちは平気でも、放っておくといつしか前にも後ろにも進めなくなってしまいます。

まずは、それぞれの「疲れた」の原因と対処法を考えてみましょう。

不採用が続く…。自分を責めて「疲れた」

転職活動は、うまくいくことばかりではありません。

時には、数十社応募してすべて不採用ということだってあります。

不採用が続くと、どうしても自分自身を否定されているような気分になってしまうものです。

それに、「〇〇だからダメなんだ」と自分で自分を責めてしまうこともあります。

そうしたことの繰り返しで「疲れた」と感じてしまう方は多いのではないでしょうか。

対処法:客観的な意見をもらう

不採用が続いて疲れてしまうのは、自分に自信がなくなってしまうことが原因です。

「どうせまたダメなんだろうな…」という気持ちは、面接官にも伝わってしまいます。

自信を回復するための方法のひとつは、信頼できる第三者に意見をもらうこと

親しくしている友人や家族など、あなたのことをよく知っている相手を選ぶとよいでしょう。

客観的に見たあなたのよいところやアピールポイントなど、前向きになれそうな意見をもらうようにすると効果的です。

長引く転職活動で「疲れた」

長引く転職活動で疲れた

転職のための事前準備なども合わせると、転職が完了するまでには平均で3ヶ月ほどかかると言われています。

なかでも、理想の働き方がはっきりしていて、企業を慎重に吟味している方は長期化しやすいことが多いでしょう。

不採用が続く状況と同じく、転職活動が長引くと不安も大きくなっていくものです。

目標に向かってまっすぐ進んでいたはずが、「このままの進め方で大丈夫だろうか」という気持ちになってしまうこともあります。

対処法:転職条件を見直してみる

転職活動が長引くようなら、自分の転職条件を振り返ってみるとよいでしょう。

明確な軸を定めたつもりでも、何度も面接を受けていくなかでぶれてしまっていることもあります。

絶対にゆずれない条件を忘れていたり、それほど重要でないことにこだわるようになっていたり。

そうしたことは、一度実践から遠ざからないと気づけないものです。

もしかすると、転職活動が長引く理由もそこにあるかもしれません。

「転職の軸」を定め直して、再スタートを切りましょう。

要注意!焦って妥協しない

転職活動が長期化した時に陥りやすいのが、「はやく決めなきゃ」という焦りから選択を急いでしまうことです。

こだわりを持ってじっくり選んでいると、想定以上の時間がかかってしまうことはよくあります。

先程挙げたように、いつの間にか条件をしぼりすぎていたということもありますが、ゆずれない条件まで曲げてしまうとよいことにはなりません。

もちろん、内定が出たところに決めてしまえばとりあえず転職活動は終了となります。

しかし、働き始めてからミスマッチに気づいた場合、転職活動を再開する羽目になってしまいます。

転職活動は、採用されることがゴールではありません。

その先も満足に働いていける企業かどうか見極めることを忘れないようにしましょう。

ふとした瞬間…「疲れた」

お仕事探し、書類作成に面接日程調整、合否の確認…。

特に理由があるわけではないけれど、その作業の繰り返しに疲れてしまうこともあるでしょう。

そうなると、なにをするにもやる気が出なくなってしまいますよね。

対処法:リフレッシュしてみる

履歴書・職務経歴書の記入内容や面接での姿は、自分のようで自分でないような感じがしませんか?

違う自分を演じているような、背伸びをしているような感覚は、それだけでもストレスになるものです。

疲れてしまった時には、一度転職活動をストップして、心と身体をリフレッシュしてみるのはいかがでしょう。

転職活動のことは忘れて、全力で趣味に没頭したりごろごろしたりしてみると、自然と気持ちがリセットされて元気が湧いてくるかもしれません。

無期限に休んでしまうと再開が大変なので、「来週1週間は転職のことを考えない!」など期間を決めてメリハリをつけるのがよいでしょう。

しごと計画学校

在職中と退職後、疲れやすいのは?

転職活動で疲れやすいのはどちら

転職活動は、在職中に行う場合と退職してから行う場合がありますよね。

それによって、自分を取り巻く環境が異なりますので、疲れてしまうポイントも異なります。

ここからは、それぞれの「疲れた」ポイントをいくつか挙げてみましょう。

【在職中】転職活動の「疲れた」

在職中の転職活動は、安定した収入を得ながら転職活動を進められるというメリットがあります。

しかし、今のお仕事と転職活動の同時進行は、大きな負担を伴うこともあるでしょう。

時間の調整

まず大変なのは、時間の調整です。

転職活動には時間がかかります。

日中は通常業務、夜の時間やお休みを利用して転職準備、というサイクルではどんどん体力が削られていきます。

さらに、面接日時は通常業務とかぶってしまうことが多く、調整が大変です。

このように、思うように動けない状態が続くと「疲れた」と感じてしまうことが多くなります。

周囲への警戒

基本的には、転職活動中であることを今の職場に言うことはないでしょう。

今の仕事に対して不真面目だとみなされてしまえば、社内評価を下げられてしまうこともないとは言い切れないからです。

どちらにせよ、転職活動中であるという情報がプラスに働くことはありません

同僚や上司に転職活動中であることがばれないように…と警戒を続けているうちに気疲れしてしまうことも多いようです。

【退職後】転職活動の「疲れた」

仕事をしていない状態での転職活動は、在職中のように細かな時間調整が必要なくスムーズに進めやすいのが特徴です。

転職活動に集中できる環境ではありますが、だからこそ焦りを感じてしまうこともあるでしょう。

なにもできないことへの焦り

退職後の転職活動で一番つらいのは、転職活動が成功するまでなにもできないという状況です。

その間収入がないというのも、自分を追い詰めてしまう要因になります。

理想通りの転職をかなえたいという思いと、はやく今の状態から脱したいという思い。

相反する感情に翻弄され、精神的なストレスが積み重なってしまうこともあるでしょう。

周囲からのプレッシャー

家族と一緒に暮らしている場合、なかなか転職先が決まらないことに対して色々と言われてしまうこともありますよね。

そうでなくても、プレッシャーを感じてしまうでしょう。

そうした空気が、転職活動の疲れにつながってしまうケースも少なくありません。

転職活動の疲れを予防するには

転職活動の疲れを予防

転職に疲れてしまう理由は様々です。

できることなら、ストレスを感じずに転職活動を進めていきたいですよね。

ここからは、転職活動をなるべく負担なく続けるコツをお伝えします。

短期決戦を意識

「疲れた」と感じる理由の大部分は、転職活動の長期化にあります。

ひとつひとつじっくり向き合うことも大切ですが、一度に複数社の選考を並行することでスピーディーに進めていくことも意識しましょう。

そうした進め方が難しい場合も、転職に期限を設けるなど短期決戦のイメージを持っておくのがおすすめです。

 

▼転職エージェントを利用して、スケジュールを相談しながら進めるのも手です。

お気軽にご相談ください♪

不採用を気にしすぎない

転職活動で精神的に参ってしまうのは、不採用が続くことで自分自身が否定されているように感じてしまうから。

不採用になっても自分を責めずに、単に自分と相性のよい企業を探すものだというふうに考えましょう。

「自分のキャラクターややりたいことと合わなかっただけ!」と思うようにするだけでも、心が軽くなります。

不採用の理由から次の戦略を立てるのも大切ですが、思い詰めすぎないようにしましょう。

定期的に息抜きをする

1日中転職のことを考えていると、どうしても疲れてしまいます。

夜はリラックスする時間を作ったり、面接の予定が入っていない日は思い切り遊んだりと、定期的に息抜きをするようにしましょう。

そうしてポジティブな気持ちを保つことも、転職を成功に導く大切な要素です。

疲れともうまく付き合おう

転職活動と疲れ

転職活動を続けていくと、どこかで「疲れた」と思う時がやってきます。

見て見ぬふりをしていると、肝心な時に力が出ないということにもなりかねません。

なんだか前向きになれないなと思った時には、一度頭を切り替えてみることも大切です。

疲れともうまく付き合いながら、悔いのない転職を実現しましょう!

 

▼働き方に迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼転職に迷ったら、こちらもチェック!

しごと計画学校

▼しごと計画学校のTwitterはこちら