主婦必見!パートの履歴書のポイント教えます!

求人に応募する際に必要になる履歴書

パートだからと適当に書いていませんか?

履歴書は、あなたの印象を左右する、採用における重要なアピールポイント。

主婦必見!パートならではの履歴書の書き方や注意点をお教えします。

 

押さえておきたい基本の書き方

パートの履歴書の書き方

履歴書は採用担当者があなたについての情報を、はじめて目にする重要なもの。いわばあなたの顔です。

まずは履歴書の基本をしっかり押さえましょう!

ここに注意したい!基本のポイント

日付

郵送する日や持参する日を記入。

西暦よりも年号で書くのがよいとされていますが、履歴書内に記入する年の表記は同じもので統一しましょう。

住所

住所は都道府県からアパート名、部屋番号までを正確に記入しましょう。

学歴

中学校は卒業年次のみを、高校以降の学歴は入学年次と卒業年次の両方を記入。

学校名や学部・学科名は正式名称で記入しましょう。省略はNGです。

卒業年が分からないときにはアルパの卒業年一発チェックが便利ですよ。

職歴

職務経歴・社会人経験のある方は、アルバイト・パートも含めすべての入・退社歴を記入します。

学歴から1行あけて書きはじめ、最後は右下に「以上」と記入するのを忘れずに!

資格

持っている資格はすべて記入しましょう。省略せずに正式名称で記入することがポイント。

取得予定の資格があれば、理由を添えて書くのもOKです。

趣味・特技

「仕事にどう活かせるか」はもちろんのこと、期間や頻度、夢中になった理由などを、できるだけ具体的に記入しましょう。

志望動機

「なぜその会社で働きたいのか」を具体的に記入しましょう。

読む相手を意識して書く

丁寧に履歴書を書こう

文章は丁寧に書けていますか?読みやすく書けていますか?

採用担当者は履歴書から、「丁寧な仕事ができるか」などあなたの性格を見ています。

文字の上手下手ではありません。文字を書くのが少々苦手でも、ゆっくり丁寧に書くことを意識すれば、読みやすく整った文章を書くことができます。

誰しも「まじめで丁寧な仕事ができる人」ほど「一緒に働きたい!」と思うものです。

以下のようなことは、「雑な仕事をする人」という印象を与えてしまうので、やらないようにしましょう。

  • 鉛筆や色ペンなどで書く
  • 書き間違えた部分を修正液・訂正印を使って修正する
  • コピー・複製をして使いまわす

また、文章を書く際は次のことに注意すると、読みやすくなります。

  • 文字は小さすぎないか
  • 文字と文字の間、行間は詰まっていないか
  • 略字や誤字・脱字はないか

「丁寧」を意識して、きれいで読みやすい履歴書を完成させましょう。

可能な限り全て埋める

履歴書に余白や空欄はありませんか?

余白の多い履歴書は、「あまりやる気がないのかな」など、その会社に対しての熱意が少ないように感じられがち。

特に1次選考が書類審査の場合、採用担当者は人となりや熱意を履歴書でしか判断できない上、他の応募者のものと比較されることになります。

「余白が多いばかりに、熱意が伝わらず不採用」なんてことになるのは、あまりにももったいないですよね。

決して無理にすべてを埋める必要はありませんが、なるべく余白をなくし、熱意があることをアピールしておくのが無難です。

主婦ならでは!職歴を書く際の注意点

パートの履歴書に職歴を書く際の注意点

特に女性の場合、結婚や出産、夫の転勤などのため、職歴が多かったり、多様な働き方をしていたりする方が多いです。

そういった場合に悩むのがどのように職歴を書くかではないでしょうか。

働いたことがない場合はどうすればいい?

ずっと専業主婦だった方など、これまでに仕事をしたことがなく、職歴欄で困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

これまでに職歴が全くない場合は「なし」と書いて問題ありません

ただ、もし短期間でも働いたことがある場合は、れっきとした経験としてメリットとみられる可能性もありますので、アピールのために記入しましょう。

パート・アルバイトしか職歴がない場合

パート・アルバイトであっても立派な職歴です。

前職の経験が役に立つ、思いがけずメリットになるということもありますので短い期間のものであっても漏らすことなく書きましょう。

また、履歴書を書く際は、次のようにパート・アルバイトでの入社であった旨を明記しましょう。

例)パートの場合

職歴
平成○○ 株式会社△△△ 入社(パートタイム)

派遣の職歴はどう書くの?

主婦の方の中には、派遣のお仕事をしたことのある方もいるのでは。

1社の派遣会社から複数の派遣先で勤務をした場合は、勤務社数と勤務内容を次のように書くとスッキリ書けます。

職歴
平成○○ 株式会社□□派遣において、計2社に勤務
    軽作業、経理にて勤務

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

退職の書き方は?

退職した理由は、面接時に必ずといっていいほど聞かれます。

自己都合以外のやむを得ない事情で退職した場合は、その理由を明記しておけば、マイナスに受け取られにくいですよ。

家庭の事情で退職した場合

結婚や出産、夫の転勤などの家庭の事情により、女性はどうしても辞めざるを得ない状況が起こりやすいです。

そういった場合は「一身上の都合」で終わらせず、次のように退職理由を明記しておきましょう。

例)出産のために退職した場合

職歴
平成○○ 株式会社△△△ 一身上の都合により退職(出産)

契約期間が終わって退職した場合

短期間パートや派遣など期限付きで働いていた職場を、契約期間が終わったために退職した場合、退職理由は次のように記入すると良いでしょう。

職歴
平成○○ 株式会社△△△ 契約期間満了により退職

パートの志望動機の書き方

パートならではの志望動機の書き方

志望動機の作り方

履歴書を書くうえで最も重要なのが志望動機です。

その会社や仕事に対してどれほど熱意があるかを、唯一直接アピールできる場所です。

次の2つのポイントを基軸に考えましょう。

1.その会社・仕事で何がしたいか

まずはその会社・仕事で何がしたいかを考えてみましょう。

例えば、「お客さんを笑顔にしたい」のように、大きなことでなくても構いません。

働き出したときに、働く上での目標となるようなものを考えましょう。

2.したいと思った理由や根拠

1.であげた「したいこと」をなぜしたいと思ったのか、理由を挙げましょう。

「人を楽しませることが好きだから」のように、好きなこと、得意なこと、これまでの経歴が活かせることを理由に入れると、信ぴょう性も増しますし、書きやすいですよ。

こんな志望動機はNG!

パートの志望動機、本音が出すぎちゃっていませんか?

こんな志望動機だとマイナスイメージかも、というもの3つをご紹介します。

給料が高い、条件がよいから、自宅から近いから

もちろんお給料や条件は、お仕事を選ぶ際にはとても魅力に感じるポイントです。

しかし、それを全面に押し出した志望動機は、そこで「仕事をしたい」という熱意が伝わりにくいので、マイナスに取られがちです。

「この人は本当に仕事を頑張ってくれるのだろうか」と不安に思われてしまう可能性も。

仕事内容の面で魅力に感じる部分がないか、もう一度探してみましょう。

子育てが落ち着いたから

ずっと子育てをしてきた主婦の方にとっては、子育てが落ち着いたというのは、働こうと思う理由としてとても大きいと思います。

しかし、これは「働こうと思ったきっかけ」であって、その会社でその仕事をしたいと思った理由ではないですよね。

志望動機が「子育てが落ち着いたから」の1つだけでは、「この人は熱意を持って働いてくれるのだろうか」と心配される可能性も。

「なぜたくさんある求人情報の中から、その会社を、その仕事を選んだのか」という理由も志望動機には書くようにしましょう。

給料を家計の足しにしたいから

金銭面は、働く理由としては一番大きいものだと思います。

生活がかかっているものなので、「一生懸命働いてくれるかもしれない」という印象を与えることも。

しかし、これも「働こうと思ったきっかけ」ですので、志望動機としては不十分です。

「なぜ他の会社ではなく、その会社のその仕事に応募すると決めたのか」という理由も書くようにしましょう。

職務経歴書を書いてみよう!

パートの職務経歴書の書き方

経験者優遇の募集など、即戦力としての活躍が期待されている職業で提出を求められることのある職務経歴書

履歴書とは書き方も、書く内容も全く異なります。

職務経歴書って何?

職務経歴書とは、これまでにどんな職務を担当してどんな活躍をしていたかをアピールできるものです。

書く内容は次のようなものが挙げられます。

  • 関わっていた職務内容
  • 働いていた会社の情報
  • 働いていた期間と業務内容
  • 実績
  • 退職理由
  • その職務で得た経験・能力
  • 資格
  • 自己PR

履歴書と違い、職務経歴書には決まった形式がありません。

とにかくシンプルに、ひと目で伝わるように書くことを心がけましょう。

職務経歴書を書くときに気を付けたいポイント

自身をしっかりアピール

職務経歴書を書く上で重要なのは、即戦力としての能力をアピールできているか、ということ。

自身のこれまでの実績や能力・意欲の中で、どれが今後の仕事に役立つか、またどのように役に立つかを考えてみましょう。

そして、役に立つものを「関わった職務内容」「その職務で得た経験・能力」「自己PR」に記入して強調。

即戦力になる、と採用担当者に思ってもらえるような職務経歴書に仕上げましょう。

実績は数字を使って分かりやすく

「実績」は具体的な数字を使って書くと、読む相手に伝わりやすいです。

「コストダウンを実現しました」と書くよりも、「30%のコストダウンを実現しました」と書く方が、頑張った度合いが伝わりますよね。

前職が営業職のような物を売る業務だった場合は売上達成率や契約本数、事務のような数字で表現しにくい業務の場合は業務の改善実例を%を使って説明するなど、数字を使って表現できる方法を考えてみましょう。

端的&シンプルに

自身のことをしっかりアピールしたいですが、かといって長すぎてもかえってマイナス。

特に、「働いていた期間と業務内容」や「その職務で得た経験・能力」は長くなりがちです。

あくまでも端的&シンプルに書くことを忘れないようにしましょう。

書く量としてはA4サイズの紙で2枚程度がベストです。

経験の多い方や就業年数の長い方は、3~4枚程度に収まるように書きましょう。

一緒に働きたくなる履歴書を!

丁寧な履歴書・職務経歴書で就活を成功させよう

一見簡単に思える履歴書ですが、パートだからこそ、履歴書には注意が必要なんです。

ポイントを押さえて、採用担当者に「一緒に働いてみたい!」と思ってもらえるような履歴書を作りましょう。

加えて職務経歴書も提出できれば、採用担当者へのイメージはさらにアップするかもしれません。

 

▼お仕事探しに迷ったら、「しごと計画学校」へ!

ご相談はこちらから♪

 

▼これからの「しごと計画」に役立つセミナーぞくぞく!

「しごと計画学校」では、転職・再就職をサポートする様々なセミナーを行っています。

あなたの知りたいテーマがあるかも?詳細はこちらから!

 

▼パートで働こうと思った方はこちらもチェック!

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」

▼しごと計画学校Twitterはこちら