おうちでうどんづくり

<広島校山下>こどもと一緒にお仕事体験~うどん作り編~

こんにちは、相変わらずマスクによる肌荒れマックスな山下です。

緊急事態宣言が早めに切り上げられるかも?と巷で話題ですが、

ゴールデンウィークあけてから広島の街中も若干人が多くなったような?

朝の通勤も若干混み始めたような?とすでに緩和ムードを感じています。

 

ここで完全に油断したらまた同じような感染者数の爆発が起きても怖いので

広島校では引き続き、対面接客を自粛しつつ皆様のしごと計画のお手伝いをさせて頂いております。

 

引き続き、通常とはいえない状況が続きますが、一生懸命皆様のお役に立てるよう

がんばりますのでよろしくお願い致します!

 

▼対面での相談受付を再開しました!

緊急事態宣言解除に伴い、「しごと計画学校」は全校で対面での個別相談を再開しております。

ご来校時の予防対策など詳しくはこちらをご確認ください。

 

さてさて、話は変わって。

ステイホームにもだいぶ慣れてきた今日この頃。

そうはいっても子どもたちにずっとテレビを見せておくのも嫌なので

夫主導で「うどん職人体験」しました。(手作りうどんを作っただけ笑)

 

うどんって作ってみるとすごーく材料がシンプル。

だからこそ、各工程のこだわり具合で味が変わるんでしょうね・・

奥が深い!!

 

 

子どもたち、しっかり足裏を消毒されて(母に)

いざ、ふみふみ体験。

 

おうちでできるうどん作り

 

 

きゃー!むにむにー!

と大騒ぎの子どもたち。

私もやってみればよかった・・(足裏の消毒がめんどくさくて・・笑)

 

ここでもお兄ちゃんが踏みやすいスペースを独占するので、

軽くもめてましたが、なんとか無事にうどんの生地ができました。

 

 

おうちでうどんづくり

 

 

うちの不思議ちゃんの娘(3才)は、この球体が生き物に見えるらしく

話しかけてました。確かに目とか口とか書きたいフォルム。笑

 

 

 

おうちでうどんづくり

 

 

なんやかんやありまして、うどんが完成!

この後、切った麺がくっつき放題になるという予期せぬハプニングがありましたが、

楽しくうどん職人の体験ができました。

 

子どもたちは自分が作った!と元々好きなうどんが更に美味しく感じたようでした。

このような体験を通して、毎日美味しくご飯をたべられるありがたさを感じてもらえればなぁと思いますね♪

 

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

 

 

しごと計画学校では、現在もお仕事に関するご相談をお受けしています。

移動が嫌だな・・と思われる方もWEBや電話などで対応していますので

お気軽にお問い合わせくださいね♪

 

 

 

 

しごと計画