転職

【令和4年9月最新!】転職エージェントによる広島市の転職市場動向をお伝えします◎

こんにちは、しごと計画学校広島校の山下です。

今って9月ですよね?と聞きたくなるぐらい

毎日暑くてどうしましょう。通勤時の滝汗が止まりません。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期。

気を付けないとですね。

転職

広島市の有効求人倍率

広島労働局が発表した雇用情勢によると

令和4年7月分の有効求人倍率は1.56倍。

これは、1人の求職者に対し1.54件の求人がある

という意味で、全体としては求人が求職を

上回って推移しているようです。

 

私たちしごと計画学校広島校にも

以前はコロナの影響で募集が少なかった

飲食・サービス関連の求人や飲食業に関わる

関連企業などの求人がちらほら増えてきており、

一時期の爆発的なコロナ感染数が

下火になってきていることが

影響しているように思います。

 

求職者の動向

お問い合わせいただく求職者の方々のうち

希望する職種で最も多いのは「事務系の職種」。

この傾向は今に始まったことではありませんが

職業別の有効求人倍率でみると

事務的職業はフルタイムの求人で0.45倍、

パートの求人でも0.47倍と、1を下回っています。

 

この数字を読むと、全体としては求人は増えているけど

事務系の職種は希望する人1人あたり0.45~0.47件しか

求人がないので選考ハードルが高くなる傾向になる

ということになります。

 

現場の体感値としては、事務の中でも

経理の経験者への採用意欲のある企業が多いので

経理経験が少しでもある方はその経験を

アピールしていけば少しハードルが高いような求人にも

チャレンジできるかもしれません。

 

採用になった人の傾向

私たちがご支援させて頂いた方々の傾向としては

これまでの経験を何らかつなげる形で

転職を実現された方が多い傾向です。

 

例えば、営業職をしていた方が

内勤メインの購買+取引先との折衝をするような形で

転職をされたり

管理栄養士の資格を保有している方が

栄養指導の経験を活かして

惣菜開発の仕事への転職を叶えられたりという感じ。

 

直接的に関係のなさそうな経験でも、

考え方や仕事の進め方などつながる点を

見つけることはできますので

自己理解をしたうえで

アピールをしっかりしていくことがポイントです。

 

広島の転職ならしごと計画学校へ

しごと計画学校は広島市中区紙屋町に

オフィスを構える転職エージェント。

運営会社は長く求人情報誌ARPAを発行している

KG情報なので、求人企業との繋がりを多く持つのが強みです。

 

求職者の皆様と、

一人ひとり丁寧に寄り添うサービスで

ご好評頂いておりますので

是非お気軽にご相談くださいね。

 

SNS紹介

しごと計画学校広島校では、Instagramもしています!

instagram

 

日常の何気ないことや、セミナーの告知など、様々なことを発信しております!

よかったらフォローしてください♪

インスタのDMからご質問などもありましたら、お気軽にどうぞ!

 

下記画像を保存してインスタで読み込むか、

URLから飛べます↓

instagram_nametag

@shigotokeikaku_hiroshima

 

しごと計画学校