人形とクエスチョンマーク

転職の理由について聞かれたら

こんにちは◎

しごと計画学校松山校です。

今日から7月。2021年も折り返しです。

この機会に新しい生活をスタートさせる方もいらっしゃいますね。

 

今日から就業となる登録者のSさんも、その一人です。

Sさんと一緒に向き合った「転職理由」について、

今回はお話しします。

 

採用面接の3大質問

これまで、大勢の登録者さんの面接に同行してきました。

企業、または担当者によって、

当日の質問の内容や分量は様々です。

その中で、「これだけは絶対に聞かれる」というものが

3つだけあります。

 

①志望動機

②自己PR

③転職理由

 

特に気を付けてほしいのが、どれか分かりますか?

 

(Sさん)「③転職理由、ですか?」

 

正解です◎

 

志望動機や自己PRと違い、

履歴書に書いて準備している内容でもありません。

しかも、前職について聞かれることもあれば

経歴一つ一つに関して問われることもあります。

さらに、咄嗟に答えられるようなことでもないのに

言うべきことと言ってはいけないことがあるんです。

 

ですから、今回は転職理由について述べる時の注意点を

いくつかレクチャーしていきますね。

 

不満で終わらないこと

猫と毛玉

転職をしようとしているということは、

ご自身にとって前の会社がフィットしなかった

何らかの問題があったと考えられます。

それを主観で述べてしまうのは良くありません。

 

(Sさん)「すみません、私のは愚痴になってましたね」

 

いいんですよ。私には、思いの丈をとことん話してください。

 

面接では、相手の必要な情報を正確に伝えることが肝心です。

具体的に「毎日●時から●時までの勤務で残業していた」

「給与が●万円から●年間上がらなかった」

などのように、事実を述べましょう。

 

言ってはいけないこと

不平不満も然り、漠然とした転職理由も然りです。

周りの人と合わなかった、という話もそうです。

人間関係のもつれから仕事を辞めたくなった、というのは

よくあり過ぎる普通の話ですよね。

 

(Sさん)「今言われたこと、以前の面接で全部やってしまいました。

そりゃあ採用されないですよね」

 

それを聞いて、相手がどう思うかを想像してみましょう。

そうですか、それはつらい思いをしましたね~

とは思ってもらえるかもしれませんが、

そこから先へは何も進まないでしょうね。

 

自分のキャリアプラン

生き甲斐図

それでは、「この人にウチで働いてもらおう」

という気持ちになってもらうには、

どうすればよいでしょうか。

 

(Sさん)「入社してやりたいことを具体的に言う・・・?」

 

いいですね~!

自分がどのように働いて

いかにして会社の役に立つか

というビジョンを見せましょう。

 

こういうプランを持っていて

(でも前職では叶えられそうもなくて)

ここで頑張れば実現できそうだと思えたから

 

ということまで伝えられればバッチリです。

 

ただし、間違っても「●年後に転職を考えている」

などとは絶対に言わないように。

 

何を言われても前向きに

後日、Sさんは意中の企業に採用が決まりました。

おめでとうございます\(^o^)/

 

いろいろお話ししましたが

過去の出来事は冷静に

未来の行動には情熱を持って

話すことを心掛けましょう。

 

しごと計画学校では、面接に必要な心構えのレクチャーから

実践的な面接練習まで実施しています。

ビデオ撮影によるリプレー検証も行いますよ!

(↑Sさん曰く、本番より緊張したそうです)

(面談の流れはコチラ~♪)

 

ぜひご利用ください☆

 

しごと計画学校