秋の公園

在職中の転職活動で気をつけるべき3箇条【広島校】

こんにちは、しごと計画学校の山下です。

空気がだいぶ涼しくなり、秋の香りがする今日この頃。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

秋の公園

私はというと、緊急事態宣言が出ていることもあり公園の遊具が使えなかったりするので子供達と週末お散歩したり、広場で遊んだりと工夫しながらリフレッシュしております。

ウィズコロナ時代に突入してしばらく、マスクには慣れたような気がしますが安心できる日々が早く訪れますようにと祈るばかりです。

 

在職中の転職活動で気をつけるべき3箇条

さて、今日のテーマは
在職中の転職活動で気をつけるべき3箇条ということなんですけれども。

これまで私が対応させていただいた転職希望の方の半数以上が

「退職日の決定していない在職中」でした。

 

転職活動の難しさは、
自分がいくら「ここだ!ここで働きたい!」と思っても選考に臨んでみないことには採用されるかがわからないところです。

でもせっかく受けるのなら受かりたい!皆さんそう思っておられると思います。
ということで、気をつけてほしいことをお伝えしていきますね。

第一条:採用になった場合にいつ入社できるかイメージを持っておく

在職中で、まだ職場にも言ってない場合、どうしてもいつ辞めれるかがハッキリしないと思うのですが、それでは採用側も困ってしまいます。

大体の目安が伝えられるように、
引き継ぎまでに必要な期間や有休消化をする場合、どのくらい有休残日数があるのか、はたまた雇用契約を結ぶ時に退職する時にはいつまでに申し出るなど規定がなかったかなどなど下調べをしておきましょう。

そうすることで、より具体的に入社までのスケジュールが把握できるので自分の安心材料にもなるでしょう。

第二条:転職活動をする上で平日の面接などに対応できる環境を整えよう

土日祝しか休みがないから土日祝で面接してほしい、など在職中ならではのお悩みが面接などの日程調整です。

ですが、採用担当者も土日祝が休みで、
平日しか対応ができないこともありますよね。

そうなることも想定して、有休を使えそうか、どうしても無理なら夕方以降であれば対応してもらえそうなのかなど情報を仕入れておきましょう。

せっかく書類選考が突破しても
面接日程を出してもらったもの全てが対応できないとなると企業はあなたの応募意思が弱いのではないか、というふうに考えられることもあるでしょう。

応募先企業の目線に立って、
自分も柔軟に対応をするよう心がけましょう。

第三条:今の職場への感謝の気持ちを忘れずに。

これは在職中、離職済みどちらにも言えることですが、
「転職をしたい」と思ってる時点で
今の職場になんらかの不満があるのは間違いありません。

が、しかし。
採用担当者はあまり現職場の悪口を言う方などは好みません。

今の職場にいくら不満があっても、
感謝できる点がなにか、学ばせてもらって得たことはなにか、などポジティブに転換して伝える練習をしておくことが大切です。

退職した後になかなか就職が決まらず
焦って納得いかないけどとりあえず入社!というのが1番ミスマッチに繋がりやすいので在職中に動くことがおすすめです。

今日お伝えしたことを踏まえて
満足いく転職ができるといいですね。

 

 

▼転職活動についてお悩みの方へ

 

SNS紹介

 

しごと計画学校広島校では、instagramもしています!

instagram

 

日常の何気ないことや、セミナーの告知など、様々なことを発信しております!

よかったらフォローしてください♪

インスタのDMからご質問などもありましたら、お気軽にどうぞ!

 

下記画像を保存してインスタで読み込むか、

URLから飛べます↓

instagram_nametag

@shigotokeikaku_hiroshima

 

しごと計画学校