ため息

「不安・分からない」を減らすために意識していること

こんにちは!

しごと計画学校高松校のブログをご覧いただきありがとうございます!

 

ある休日、こんな出来事がありました。

説明

とある業者さんに、私が客として説明を受けたときのこと。

 

業者「これは〇〇ですか?」

私 『えっ、〇〇って何ですか?』

 

業者「△△のことなんですけどね~」

私 『ん?△△って何ですか?』

 

業者「□□はコレでいいですか?」

私 『あのー、□□って何ですか?』

 

約20分くらいの会話のなかで、このやりとりが何回もありました。

専門用語や、略称などを次から次へと繰り出され

終始「?」がいっぱい。

私の知識不足もあるんでしょうが…

なんだか疲れてしまいました。

 

モヤモヤモヤモヤ・・・

終わった瞬間ケーキ屋さんにダッシュで、ご機嫌補給!

つかれた

 

私は「しごと計画学校パートナー」として、

登録者のみなさまに

当サービスについての説明をしたり

お仕事のご紹介をしたりしますが、

その中で意識していることがあります。

 

「専門用語を使わない」

「相手に合わせて伝わりやすい言葉を使う」

「相手が質問しやすい雰囲気を作る」

 

人生の転機となる「仕事探し」。

不安はつきものです。

少しでも「不安だな」とか「分からないな」を減らすことも

私の役目だと思っています。

 

普段意識して説明していても

「この人の言ってることイマイチ分からないな~」なんてことが

あるかもしれません。

そんなときは遠慮なく

「おーい!分からないぞ!」

とお伝えくださいね。

 

 

♪… 高松校からのお知らせ …♪

転職活動で後悔・苦労しないために

「転職で押さえるべきポイントを解説!」

アナタが今気になる求人票を元に、じっくり見ていきましょう☆

 

しごと計画学校