クマの着ぐるみ チワワ

「未経験から経理事務」のハードルは越えられる?

こんにちは◎

しごと計画学校松山校です。

 

「俳優になろうと思った理由は?」

この質問に、何人かの著名人が答えているのを聞いたことがあります。

 

「役でいろんな職業を体験できるのが楽しいから」。

 

なるほど。

そういう意味では、私も俳優になりたかったかもしれません。

 

未経験なりの考え方にご注意を

話を思い出したきっかけは、こんなご相談でした。

 

求職者のMさんは、一般事務や営業サポートの経験があります。

その上で、当時の希望はただ一つでした。

「どうしても経理事務をやりたいんです!」

 

「どうしても」という言葉は聞き捨てならないのが、

私の心のセンサー。

パトランプ、点灯します。

(ハイ、止まってくださーい)

赤色灯

―どうしても、というのにはどういうご事情が?

「お金を扱う仕事がしたいんです」

―経理に必要な資格を持っていたり、今までにされていることは?

「ありません」

 

そういうことだと、減点対象ですね~・・・。

 

「経験不問」について問う

経理事務の場合は特に、

全くの未経験で採用してくれる企業はほぼありません。

簿記などの資格や実務の経験が求められます。

実務の程度にも差はあります。

「出納や決算業務の経験がある人」だったり、

「年末調整をしたことがある人」という変わり種も見たことがあります。

 

こういった記載の無い募集を見つけて、

今回Mさんは活路を見出そうとされていたんですよね。

 

ところが、悲しい事実をお伝えしなければなりません。

 

「経験不問」と明記していない限り、

企業は何らかの有用な経験を求めています。

たとえ不問だとしても、

企業は経験のある人の方が選びやすいです。

それはあなただけではなく、

様々な経験・スキルを持った人たちも応募してきているからです。

 

ですから、“ステージ0”に立っているMさんが経理を希望するなら、

かなり不利な状況にあることを理解しておきましょう。

 

未経験より一歩先へ行く方法

俳優さんたちは、役でその職業を務めるに当たって、

いわゆる就職活動や資格の勉強をしているわけではありません。

履歴書の提出も面接もしなくても会社員になれますし、

医師免許が無くてもいきなり一流の外科医になれます。

それが可能なのは、

そうなるべく役作りをしているからです。

 

自分が経験したことのない領域について、

人から聞いたり本を読んだりして勉強します。

専門性の高い実技については、

スタッフに指導してもらいながら何度も練習します。

そこまでしてようやく、“プロっぽく”なれるんです。

 

現実世界で就職をしようという私たちは、

これよりさらに真摯に職業について考え、

努力をしていく必要がありますね。

そういう心構えがあればこそ、

仕事を始めたら日々経験していくことになる成長、葛藤、苦悩も、

糧にしていこうという気持ちになるものです。

 

心構えと鍛錬を入念に

簿記の勉強

Mさんは、今のお仕事を続けながら

簿記の勉強を始めています。

憧れのお仕事に改めて向き合った結果、

それに見合う自分にレベルアップすることを決意されました。

素晴らしい!がんばりましょう!!

 

未経験から専門性の高い職業に就くのは、

あなたが思っている以上に難しいことです。

諦めずに自分を磨くも善し、他の道を選ぶも善し。

 

私たちにできることは、その道を示し、

心構えと鍛錬の方法をお伝えすることです。

あなた自身は、それらを身に付けて

「未経験」のハードルを越えていってください☆

 

 

▼みんなの転職活動エピソードはコチラ☆

 

しごと計画学校の無料個別相談

転職についてお悩みの方はまずは個別相談へお越しください。

面談の流れはコチラ♪

ご予約お待ちしております。

しごと計画学校