脱スマホ

ストレスや疲労とサヨナラ!テレビでも取り上げられた話題のリフレッシュ方法!

こんにちは!しごと計画学校高松校のブログをご覧いただきありがとうございます!

私は先日、テレビで「デジタルデトックス」という言葉を初めて耳にしました。

デジタルデトックス。あなたはご存知でしょうか?

 

デジタルデトックスって…何?

ストレスから解放、スマホやパソコンを置いてみる

【スマートフォンやパソコンといったデジタルデバイスから距離を置き、ストレスや疲労をデトックスする】という意味。

そして実践方法は様々。

  • 電源を切る
  • アプリ(断食アプリ)を使う
  • 持たずに出掛ける

結構カンタン!

 

デジタルデトックスで何が変わるの?

デジタルデトックスの効果・メリット

 

デジタルデトックスのメリットは…

  • 脳機能の回復
  • 健康状態の改善
  • SNS疲れの軽減
  • 睡眠質の向上

など、他にも色々あるとのこと。

 

デジタルデトックス、いざ実践!

自然に囲まれて脳スッキリ

 

普段はパソコンやスマートフォンと仲良しこよしな毎日を過ごしているからこそ、新鮮に感じた「デジタルデトックス」。

思い立ったらスグできて、とっても簡単。早速その週末に実践してみました!

今回私が選んだ場所は香川県三豊市にある紫雲出山。

ご存知の方も多いかと思いますが、ニューヨークタイムズ電子版「2019年に行くべき52ヶ所」に”瀬戸内の島々“が日本で唯一選ばれ、この紫雲出山から撮影された写真が紹介されました。桜や紫陽花を楽しめる名所としても近年注目を集めている場所です。

定期的に訪れる場所なのですが、今の時期は人も少なく、ゆっくりと瀬戸内の島々を眺めることができるのでオススメです。

スマートフォンの電源を切り、スイセンの甘い香りが漂う遊歩道を抜け、展望台で絶景を楽しみ、ベンチで一休み。鳥のさえずりや風の音を聴きながらの森林浴…そんな時間でした。

 

実践してみた結果

脳スッキリ

 

時間で言うとたった1~2時間。たったそれだけ。

個人的な感想としては、身体(特に頭)がスッキリしました。「脳の隅々まで空気が行き渡った!」そんな表現がピッタリ。

木々・動物・風など自然の音や花の香り、新鮮な空気に触れるだけでこんなにも変わるのかと驚きもありました。

 

私がオススメしたいスポット

ここ香川県も見所がいっぱい。

瀬戸内の島々(瀬戸内国際芸術祭もあり小豆島や直島、豊島など有名になりましたね)、ウユニ塩湖のような父母ヶ浜、こんぴらさんに栗林公園、もう少し温かくなれば まんのう公園も!今話題の四国水族館もオープンまでもうすぐ!

地元の良さも再発見できそうですね♪

スマートフォンやパソコンといったデジタルデバイスは非常に便利で、今の時代必要不可欠なアイテムですが、あえて離れてみる時間を作ることで新しい発見にもつながります。

デジタルデトックス

「デジタルデトックス」

あなたも実践してみませんか?

 

マンツーマンで仕事探しをサポートする「しごと計画学校」