紫陽花と緑の山

「六月病」でつらいあなたへ・・・

こんにちは◎

しごと計画学校松山校です。

6月は、枝豆が旬です。(という、豆知識。豆だけに。)

今回は「働くのがしんどい時期」について。

 

子供もつらい6月

水たまり

最近、甥っ子がこんなことを言っているそうです。

 

「そろそろクラス替えしたいなぁ~」

 

早いよ。まだ6月だよ。

お友達とはよく遊んでいるらしいんですが、

そういえばよそのクラスになったんだっけ。

担任の先生が去年から持ち上がりなのは、

オトナの事情だから勘弁してあげてね。

 

お母上にこんな口添えをしてみました。

 

「席替えしたら隣に好きな子が来るかもしれんよ」

どうだ?小学生!

 

結果、ウダウダ言いながら諦めたそうです。

へぇ~・・・いるんだ~( *´艸`)ヒューヒュー

 

私もつらい6月

居場所 教室の席

5月の連休明けに起こるのが五月病。

実は、6月にも「六月病」というものがあります。

五月病に気付かなかった人がかかるとか、

五月病をこらえたら一気に襲われる、なんて話もあります。

 

私も学生の頃から6月は気持ちが沈んでばかりで、

未だに得意ではありません。

割とイライラカリカリしています。

梅雨の不安定な気候も、無関係ではないと思います。

 

みんなもつらい6月

今月に入って当校へご連絡いただく求職者さんの傾向を、

私なりに分析してみました。

まず、ご在職中の方が多いですね。

ご希望はそれぞれおありですが、

全てを一言でまとめると

「今よりもっと良い環境で働きたい」

ということです。

 

もっと細かく見ると、実は2人に1人がコレ。

「2021年4月~在職中」

早いよ、まだ6月だよ・・・

とは、一概には言えないんですね。

6月とは、そういう時期なんです。

 

六月病に対処するには

しんどい時は「しんどい」と言うこと、

自覚することで、対処することもできます。

予防も兼ねて、対処法をご紹介しましょう。

 

①睡眠と栄養をとる

何事もそうですが、心や体がしんどい時は

よく寝てよく食べることが大事です。

寝る時の空調も適度に調整しましょう。

旬のものを食べると、より元気UPするのではないでしょうか。

 

②趣味やリラックス方法を作る

いつも仕事のことを考えていたり、

漠然と「つらい」という気持ちに苛まれ続けるのは

心に良くありませんね。

気の紛れることや自分の楽しみがあるといいです。

軽い運動やストレッチもオススメです。

 

③安心できる人に話す

悩みを打ち明けることや、「しんどい」と言うこと。

自分の話を誰かに聞いてもらうことで、

心が少し軽くなることも多いです。

一人で抱えることはないですよ。

 

あれ?

そんな時のために、私たちがいますよね~!

 

しごと計画学校では、

必ずしも「転職しましょう!」とは言いません。

まずは、あなたのお話を聞いて、聞いて、聞きます。

そして、あなたに最適なプランを一緒に考えていきます。

ぜひ、私たちにご相談ください☆

(面談の流れはコチラ~♪)

しごと計画学校