高松港

「資格を取ってから転職」は成功する?

こんにちは!

しごと計画学校高松校のブログをご覧いただきありがとうございます!

 

「いつか使うだろう」と思って貯め込んでいるもの、ありませんか?

ウチの場合、パンを買ってシールを集めてゲットしたお皿たち。

美味しいパンを食べてお皿ももらえるなんて素敵だな、と思っていたんです。

8年間調子に乗って集め続けて、その大半は使っていない上、カレー皿や小皿は別に購入する始末。

敗因は、何に使うという目的を全く持っていなかったことにあります。

 

資格を活かせるか、活かせないか

先週、2名の求職者さんのご相談を続けて受ける日がありました。

ここで私は、共通のテーマに着目することになりました。

 

●Aさん
資格を活かして仕事をしていました。
別の資格の勉強をしたくて退職しました。

●Bさん
職業訓練校で資格を取得して、転職しました。
しかし実務で生かす機会はなく、今は別のお仕事をしています。

 

資格を活かせるか、活かせないか。

もう一歩踏み込んで言いましょう。

テーマは「資格を取ってから転職」の是非です。

 

資格を取ればそれで良し?

Aさんがすぐに転職する道は、有資格者として前職まで勤めていた職種で探すことだと見受けられます。

これから試験に向けて勉強しようとしている資格は合格が難しく、それだけ価値のあるものです。

ただし、その先どのように働くかというビジョンは、Aさんの中で定まっていません。

 

Bさんが資格を取ったのは、何か手に職を付けたいとの思いからです。

何かやりたい仕事に就くことではなく、自身のステータスを上げることが目的でした。

その結果、現職で身に付けた免許で即戦力として働けることが、今のBさんにとって最大の強みと言えます。

 

この不思議な感覚、あなたにも分かりますか?

時系列を逆にして、お二人はすごく似たようなルートを通っているんです。

そしてそのルートは、「資格を取ってから」の転職を成功につなげる道になっていないんです。

 

資格を取っても意味がない?

お二人のいきさつを聞いていると、「なんだ、資格を取ってもそんなに意味がないのか」と受け取ってしまいそうになります。

本当は、そうではないんです。

大切なのは、何のために資格を取るのか

つまり、資格を取ってどのような職業に就きたいのかを正しく決めていれば、意味のある転職につながるのです。

また、最低限の応募要件として資格を必要とする企業やお仕事もあります。

(例:経理事務…日商簿記2級、施工管理…第一種・第二種電気工事士etc.)

やりたい仕事への道を開くパスポートとして、資格が役に立つことはあると言えます。

 

そして、資格は大切ですが、それ以上によく考えておいてほしいことがあります。

自分には具体的に何ができるのか
自分の経験や能力でいかに会社に貢献できるか

実際に採用担当者が重視するのも、この点です。

資格の勉強を通して学んだことも、あなたの有意義な経験の一つになっています。

身になったことを具体的にアピールすることが、採用をグッと引き寄せるポイントです。

 

「資格を取ってから転職」の是非

資格を取得してから転職をするとなると、時に仕事の空白期間を生むことがあります。

資格を取れたとしても、希望にかなう会社やお仕事がすぐに見つかるとは限りません。

経済面で不安を抱えるリスクもありますから、資格を取ってから転職に一直線になることはお勧めしません。

勉強を続けつつ、今の自分の経験値で応募できる、活躍できそうなお仕事を探しておくのが良いでしょう。

ご自身のやりたい仕事・活躍できる仕事とどのように向き合っていくのか、Aさん・Bさんとも考えていきたいと思います。

 

働きながら、資格の勉強をしながら、お仕事も探しながら…という転職活動は、とても大変です。

私たちしごと計画学校の手を借りながら、一緒に進めていくことをお勧めします☆

 

♪… 高松校からお知らせ …♪

久々にセミナーの内容を刷新!

新たに3つのセミナーを追加しました。

これから始める転職活動にぜひお役立てくださいね☆

 

しごと計画学校